本文のエリアです。

最先端のITを活かす

医療としての安全・安心を確保して、社会貢献

日本調剤では、創業当初からIT(情報技術)の持つ特性に着目、積極的にコンピューターシステムやネットワークを取り入れ、いち早く調剤業務の電子化、IT化を進めてきました。今では全国のすべての薬局店舗が本社と基幹ネットワークで結ばれており、各店舗の状況をリアルタイムで把握できるオペレーションを行っています。長年培ってきたナレッジ資産やノウハウをICT(Information and Communication Technology)として最大限活用することにより、日本調剤が提供する医療サービスの質をさらに高めるという良循環を生み出しています。

医療としての安全・安心を確保して、社会貢献

あらゆる業務をデータ化し、正確で効率的なオペレーション

あらゆる業務をデータ化し、正確で効率的なオペレーション

日本調剤では自社内に情報システム専門部門を置き、医療制度の変更、行政からの指示事項、医薬品の新発売や安全性情報など調剤薬局運営に必要な情報を収集し、迅速に対応できる体制をとっています。最新の機能を盛り込み、処方せんの受付から調剤、鑑査、窓口での服薬指導まで、あらゆる業務がデータ化・蓄積されており、調剤薬局業務に必要なさまざまなシステムで活用されています。

コンプライアンスを重視した自社開発の調剤システム

医薬品の調剤は人的要素が必ず介在する業務であり、ヒューマンエラーを限りなく減らすためのプログラムがシステム内に多数織り込まれています。個人情報の塊である処方情報も暗号化し、厳重なセキュリティ体制を敷いています。また業界ではいち早く生体静脈認証システムを採用し、調剤業務の透明性を確保するなど、コンプライアンス(法令遵守)を重視した調剤システムを構築しており、日々、調剤業務の改善に取り組んでいます。

コンプライアンスを重視した自社開発の調剤システム

この日本調剤の調剤システムは、「JP調剤システム」として外部販売をしています。
説明資料(PDF)がございますので、下記よりダウンロードしてください。

JP調剤システム説明資料(982KB)

患者さま目線で利便性を高めた「お薬手帳プラス」

患者さまの服薬情報の一元管理・継続管理にいま注目を浴びているのが、紙のお薬手帳を電子化して手軽にスマートフォンなどで活用する電子お薬手帳。日本調剤では2014(平成26)年から自社開発の電子お薬手帳アプリ「お薬手帳プラス」の運用を開始しています。

コンプライアンスを重視した自社開発の調剤システム

データ化された患者さまの調剤情報をベースに、バーコードや読み取りカードなどがなくてもご本人のお薬情報が自動連携されることで、患者さまの服薬情報をより身近に管理していただけます。
また、血圧や血糖値などの日々の健康記録や薬局への処方せん情報の送信などにも対応しており、患者さまの利便性やニーズを重視したサービスの提供を心がけています。

最新の調剤機器導入で調剤ミスゼロへ挑戦!

患者さまの生命・健康を守る私たちの業務において、調剤ミスはあってはならぬものという意識を持ち、可能な限りゼロに近づけることが私たちの責務です。日々の業務での調剤ミス防止策や定期的な社内勉強会開催などの意識喚起はもちろん、調剤システム上でのヒューマンエラー防止策や全自動錠剤散薬分包機、一包化鑑査システムなどの最新鋭の調剤機器を積極的に導入し、ITを最大限活用した複合的に調剤ミスを防止する取り組みを行っています。

最新の調剤機器導入で調剤ミスゼロへ挑戦!

情報分析で医療環境改善

現在、日本調剤の薬局で受け取る処方せんは年間1,200万枚以上。そこから派生する莫大な調剤レセプト情報を管理するだけでなく、膨大な処方情報から厳正に個人情報を取り除き、データを分析・解析しています。業務改善や業績分析、薬剤師教育などの社内活用はもちろん、分析調査や医薬品に関する動向研究など、医療環境の改善に役立つ有益な医療の分析情報として、子会社である株式会社日本医薬総合研究所を通じて、製薬メーカーや医療関係団体などへの提供・コンサルティングを実施しています。
これらは、医薬品の開発や疾患啓発活動への反映など、患者さまの医療環境に改善をもたらす情報として活用されています。

情報分析で医療環境改善