本文のエリアです。

[お薬について]ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とはなんですか?

厚生労働省が先発医薬品と同等と認めた医薬品です。

新しい医薬品を開発するためには、長い年月と莫大な費用がかかります。そのため、先発医薬品を開発した会社は、特許、再審査によってその権利と利益が守られています。
具体的には、開発してから特許権の存続期間満了まで(原則20年、最大25年) 、他の会社は同じ成分の薬を作ることができません。しかし、この期間を過ぎると、どんなにすばらしい薬でも、開発した会社の財産ではなく、国民全体の財産と考えられるようになります。ジェネリック医薬品は、正式には「後発医薬品」と呼ばれ、特許存続期間の終了した先発医薬品と同じ有効成分を使って作られた医薬品です。

薬剤師よりジェネリック”とは、英語で“普及した”とか“一般的な”という意味です。価格は先発医薬品の2~7割程度。みなさまの家計の手助けになるとともに、健康保険などの国の医療費抑制にもつながります。

よくある質問トップへ