本文のエリアです。

注目されるジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは?

病院で処方される医療用医薬品には先発医薬品と後発医薬品の2種類があります。先発医薬品とは新薬とも言われ、製薬メーカーが新しく有効成分などを開発した薬のこと。この新薬の特許期間が過ぎると、開発したメーカー以外の会社でも同じ成分で薬を作ることが可能になります。特許の切れた先発医薬品の後に発売されるため、その薬を「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」といいます。

新薬
A社が開発した薬 特許期間中は独占的に製造・販売
20〜25年間、製造と販売が特許で守られています。
ジェネリック医薬品
特許が切れた成分を利用して B社が同じ効果の薬を製造・販売
同じ成分に対して複数のメーカーが製造・販売している場合があります。
新薬と同じだから安心
有効成分
効き目
厚生労働省による安全性の承認
ジェネリック医薬品のメリット
開発コスト縮小による低価格化
改善された飲みやすさの工夫など

最大の利点は、お薬代が安くなること

ジェネリック医薬品は、新薬開発にかかる莫大な研究・開発費が抑えられるため、新薬に比べて約2〜7割のお薬代(薬剤費)になります。その金額差は薬の種類と服用期間により大きく異なりますが、生活習慣病など長期間服用するような方にとっては、とても強い“味方”になるでしょう。
患者さまのお薬代の軽減(約2〜7割の削減)

新薬とジェネリック医薬品の金額差を確認してみよう!

高血圧治療薬(1錠/日 服用の場合)

[新薬]高血圧治療薬A錠の場合 14,235円/年 [ジェネリック薬](当社在庫品)2,190円/年 差額12,050円/年

糖尿病治療薬(3錠/日 服用の場合)

[新薬]糖尿病治療薬B錠の場合 17,520円/年 [ジェネリック薬](当社在庫品)9,855円/年 差額7,670円/年

●自己負担3割の場合 ●表記している金額は、平成28年4月時点での調剤報酬中の薬剤費の試算であり、調剤技術料は含んでおりません。 ●当社薬局で常備する標準的な医薬品在庫を元に試算しております。実際の処方内容によっては、製品及び価格が異なる場合や、対応するジェネリック医薬品がない場合もあります。

いつものお薬が、いくらになるか知りたい

  • 窓口で

    調剤薬局で処方せんやお薬手帳など、日頃服用されているお薬が分かるものを薬剤師、薬局スタッフへお見せください。ジェネリック医薬品に変更可能な薬の有無など、無料でお調べすることができます。お気軽にお声かけください。

  • インターネットで

    ジェネリック医薬品の有無や価格差を検索するサイトもあります。

    ※日本調剤の検索サイト「ジェネリックガイド」では、複数の医薬品の差額を同時にシミュレーション可能。日本調剤の薬局に常時在庫しているジェネリック医薬品(推奨品)をベースとしていますので、日本調剤の薬局で試算通りのお薬をお渡し可能です。

  • スマホアプリで

    スマホアプリ「お薬手帳プラス」でもジェネリック医薬品の有無や価格差を検索することができます。いつでもどこでも手軽に調べることが可能です。Google Playからインストールいただくとご利用いただけます。

    ※ジェネリックガイドと同様に、日本調剤の薬局で試算通りのお薬をお渡し可能です。

ジェネリック医薬品に変更するには

医療機関の医師または調剤薬局の薬剤師に「ジェネリック医薬品でお願いします」と伝えましょう

ジェネリック医薬品に変更できない場合があります。それは処方せんを見ればわかるようになっています。

次のとき変更できません。

変更不可欄にチェックまたは×印が入っている

医師の署名欄に署名が書かれている

処方された薬に対するジェネリック医薬品が販売されてない場合もあります。

変更したいけどジェネリック医薬品は、薬局にあるの?

日本調剤の薬局では、よく利用されるジェネリック医薬品の 9割以上をカバーし、500品目以上を揃えています。また、全店舗平均でジェネリック医薬品の取り扱いが約8割を超えるなど、すでに多くの患者さまにご利用いただいています。

おくすりコラム