本文のエリアです。

受付からお渡しまでの流れ

調剤薬局は薬をもらうだけの場所...と思っている方もいらっしゃると思いますが、実は患者さま一人ひとりの安全のために行っていることがあるのです。

処方せんを受け付けます

医療機関で発行された患者さまの処方せんを
お渡しください。

処方せん

  • [保険証]…確認のため健康保険証をご提示いただくことがあります。
  • [おくすり手帳]…「おくすり手帳」をお持ちでしたらお預かりいたします。
  • [残っている薬]…残っている薬がたくさんあればお知らせください。

初回質問票について

初めての方には初回質問票にご記入をお願いしています。患者さま一人ひとりの体質や生活習慣に照らし合わせて処方内容を確認するための用紙です。

処方せんを確認します

処方せんの内容と薬歴(服用している薬の名前・量・日数などの記録)を確認して、不明な点などがあれば、処方した医師に問い合わせます。患者さまへ症状についてお聞きすることもあります。

  • 用法・用量は適切であるか
  • 同じ成分を含んだ薬が重複していないか
  • 飲み合わせなどの問題点はないか
  • 副作用歴、アレルギーや禁忌(当該医薬品を使用してはいけない)などはないか
  • 前回の来局から日がたっていないなどの理由で、薬がたくさん残ってはいないか(残薬確認)

などを処方せんの内容、お薬手帳、過去の薬歴から確認します。

この間お時間をいただくことがありますが、ここでの確認作業が患者さまの安全を守ることにつながります。

ジェネリック医薬品のご案内をします

処方された内容によっては、経済性に優れたジェネリック医薬品への変更が可能です。

お薬を調剤します

調剤とは、処方せんに基づきいろいろな薬剤を調製することです。飲みやすいように小分けにしたり、粉砕することもあります。軟膏や粉薬、シロップ剤同士の混合、一包化、煎じ薬の場合はお時間がかかることがあります

調剤されたお薬を確認します

患者さまにお渡しするお薬に間違いがないか、確認します。

お薬の説明をしてお渡しします

患者さまの症状をお聞きしながら、お薬の飲み方、薬の効果や注意事項などを説明します。正しく服用することが治療の第一歩です。わからないことや不安なことがありましたら、なんでもご相談ください。

薬歴に記録します

患者さまが服用している薬の内容、副作用歴、アレルギーや説明した内容を毎回記録しています。患者さまの治療経過や今後の服薬指導の参考になります。