認定薬剤師

薬剤師の知識・技術の向上を目的として、
研修認定薬剤師、認定・専門薬剤師の取得につながる
サポートを行っています。

研修認定薬剤師取得に向けて

研修認定薬剤師取得に向けて

研修認定薬剤師取得に関する費用※は会社で全額補助しております※。
会社規程のe-Learningによる学習システムでも認定単位の取得をサポートしており、時間や場所を問わずお手持ちのパソコンやスマートフォン、タブレットで学習し単位を取得することができます。

※研修手帳、e-Learning受講費用、申請料、更新料など
※正社員・契約社員・週32時間以上勤務のパート社員対象

(公財)日本薬剤師研修センターの「認定対象集合研修会」のうち「インターネット研修」として単位を取得できます。

社員それぞれの成長意欲をサポートすることで、プロフェッショナルな薬剤師の育成を強化。
時代や患者さまのニーズに応じた知識・技術の習得を支援します。

専門・認定薬剤師取得に向けて

専門・認定薬剤師取得に向けて

専門・認定薬剤師取得に向けて、単位の取得状況管理や過去の症例の共有などのサポートを行うとともに、外来がん治療認定薬剤師をはじめとした、外部の認定取得につながるよう、独自の社内制度「薬剤師ステージ制度”JP-STAR”」や、ステージアップの要件の一つである「疾患別社内認定制度」の設置により、薬剤師の知識・スキル面における専門性を評価・推進しています。

薬剤師ステージ制度”JP-STAR”

患者さまに必要とされ評価される薬剤師を育成していくため、平成30年4月より、薬剤師の知識・スキル面における専門性を評価・推進する、日本調剤独自の社内制度「薬剤師ステージ制度”JP-STAR”」の導入を開始しています。
研修認定薬剤師や疾患別社内認定の取得、15ステップアップ研修の修了など、一定の条件を満たすことで、+αの価値を患者さまへ提供できる薬剤師であるとして、給与が上乗せされます。

疾患別社内認定

「薬剤師ステージ制度”JP-STAR”」におけるステージアップの要件の一つとして、「疾患別社内認定制度」を設定しています。学習意欲を向上させ、専門・認定薬剤師の取得にもつながるよう、「国が重点対策を求める5大疾病」および「社外認定へつながる5領域」として、がん、緩和ケア、在宅医療、認知症、糖尿病など、専門知識を持った質の高い薬剤師を育成します。認定を取得した薬剤師は、店舗勤務時に着用しているネームプレートに認定取得のマークが表示され、患者さまに対しても、その専門性を分かりやすく表示いたします。

外来がん治療認定薬剤師

外来がん治療認定薬剤師の取得を希望する社員をサポートしています。
過去の認定取得者の症例の共有や、必要な単位の取得状況管理などの体制を整えています。
知識の向上や症例収集に向けて、病院実務研修も一役買っています。

中途社員の声、集めました!

  • 研修認定薬剤師取得への費用を会社が負担してくれ、さらに集合研修ではなくe-Learningでの単位取得が可能なのでプライベートの時間もしっかり確保できます。

    30代前半/女性/前職:中小規模薬局

  • ハードルが高いと思っていた外来がん治療認定薬剤師の取得をサポートしてくれるところが魅力で日本調剤への転職を決めました。

    20代後半/男性/前職:ドラッグストア

  • 専門性を伸ばすことで会社もしっかりと評価してくれるJP-STARや疾患別社内認定があることは、とてもやりがいを感じますし、それが全て患者さまへ還元されていくと思います。

    30代後半/女性/前職:CRO

中途採用エントリー