外部認定取得
強化チーム

日本調剤では各種学会が認定する認定薬剤師・専門薬剤師の取
得強化チームを設け、サポート体制を整えています。

がん治療における専門性の向上に向けて

実施内容

専門医療機関との連携など薬剤師の専門性が求められる中、日本調剤では特にがん治療における専門性を高めることを重視しています。その一環として2016年に「外来がん治療認定(専門)薬剤師」、2017年に「緩和薬物療法認定薬剤師」、2020年に「地域薬学ケア専門薬剤師(がん)」の取得強化チームが結成されています。若手からベテランまで全国からメンバーが参加し、合格者も続々と誕生しています。

強化チームのサポート内容

認定取得強化チームに参加すると、認定取得に向けたさまざまなサポートを受けることができます。

実施内容

知識向上のための研修・勉強会

抗がん剤ミキシングの手技や外来化学療法、病棟業務等を数ヵ月にわたり学べる「病院実務研修」へ優先的に参加することが可能。その他、社内外での勉強会・講習会など多くの学ぶ機会があります。

病院実務研修はこちら

実施内容

試験に関する情報共有

合格者が提出した症例や試験対策資料の閲覧が可能。合格者からのアドバイスを直接聞いたり、チーム同士で情報共有をする機会もあります。

実施内容

合格までの進捗管理

教育情報部が講習会のお知らせや単位取得状況の進捗を管理。提出書類のチェックや試験までのスケジュールも管理しています。

実施内容

取得に必要な費用の支援

単位取得に必要な講習会や学会の参加費・交通費、試験受験費用は全額会社負担。休日の学会に発表者として参加の場合は振替休日も与えられます。

認定資格の取得で手当を支給

7つの外部認定資格に対して月額50,000円の手当を支給。さらに社内での認定制度である「薬剤師ステージ制度”JP-STAR”」も設定し、知識・技能を適切に評価する仕組みがあります。

外部認定専門薬剤師手当

実施内容

会社が認めた外部認定資格のいずれかを取得した場合、月額50,000 円の手当を支給します。
①外来がん治療認定薬剤師
②緩和薬物療法認定薬剤師
③腎臓病薬物療法専門(認定)薬剤師
④栄養サポートチーム専門療法士
⑤糖尿病薬物療法認定薬剤師
⑥がん専門薬剤師
⑦HIV感染症薬物療法認定薬剤師

薬剤師ステージ制度”JP-STAR”

患者さまに必要とされ評価される薬剤師を育成していくため、2018年4月より、薬剤師の知識・スキル面における専門性を評価・推進する、日本調剤独自の社内認定制度「薬剤師ステージ制度”JP-STAR”」を設定しています。
15ステップアップ研修や研修認定薬剤師、疾患別社内認定などの取得・修了状況に応じて与えられる「スペシャリスト薬剤師」としてのステージ認定に応じて、月額5,000円または10,000円の手当を支給します。

実施内容

疾患別社内認定

薬剤師ステージ制度”JP-STAR”におけるステージアップの要件の一つとして、「疾患別社内認定」を設けています。国が重点対策を求める疾病に加え、社外認定取得も視野に入れた5領域として、がん、緩和ケア、在宅医療、認知症、糖尿病の専門知識を持った質の高い薬剤師を育成します。難易度に応じて「JP-A 級」「JP-S 級」のランクがあり、認定を取得した薬剤師は店舗勤務時に着用しているネームプレートに認定取得のマークが表示され、患者さまに対しても、その専門性を分かりやすく表示しています。

現在の募集店舗を探す