調剤未経験でも安心

調剤未経験薬剤師の一例をもとに入社後1年間の
流れをご紹介します。

入社後1年間の流れ

入社1〜3カ月目:基礎的なことからじっくりと

中途入社者集合研修(1〜2日間)
中途入社者集合研修(1〜2日間)

入社月またはその翌月に開催します。日常業務の流れから、調剤業務全般、CS(接遇)研修、システムの使い方など、ポイントをわかりやすくお伝えします。
後で見直すこともできるテキストも配布します。

先輩のフォローのもと、薬局での業務スタート
先輩のフォローのもと、薬局での業務スタート

調剤業務はまず簡単なピッキングから。徐々に薬の場所や調剤機器の使い方にも慣れていきます。
フォロー担当の社員だけでなく、薬局全体でサポートします。わからないことはすぐ聞けますのでご安心ください。

簡単な調剤業務に慣れたら
簡単な調剤業務に慣れたら

一包化調剤など、複雑な調剤にもチャレンジ。
服薬指導も簡単なものから。
処方せんの入力や、調剤報酬の算定、薬歴の記載なども含め、一通りの業務を身につけます。

始めのうちは近くで先輩が見守り、調剤や服薬指導など適宜フォローするので、安心して取り組むことができます。

入社4〜6カ月目:知識や技能が習熟してくるころ

監査にもチャレンジ
監査にもチャレンジ

簡単な調剤業務もマスターできるようになり、業務内容もステップアップしていきます。
監査も段階を踏んで慣れていきます。医薬品情報や薬歴などから、患者さまの健康をトータルで考え、処方内容が妥当なのかなどをチェックすることにより、さらに知識を深めていきます。

入社7カ月目以降:調剤業務以外のことも

レセプト・発注・在宅医療業務
レセプト・発注・在宅医療業務

一連の調剤業務にも慣れ、医薬品や備品の発注、レセプト業務・在宅医療業務など、調剤業務以外のことも一つずつ覚えていきます。

入社1年後:薬局薬剤師として一人前に

教わる側から教える側へ
教わる側から教える側へ

1年間で身につける調剤・店舗業務の項目一覧表(所定)をもとに、習得できたことをフォロー担当が漏れなく確認します。一通りの業務を理解できていれば、次は後輩薬剤師をフォローする役割へ。教える立場になることで知識を確かなものにし、成長することができます。

継続して15ステップアップ研修やさまざまな教育コンテンツ・勉強会を活用しながら、スキルアップを図ります。

日常業務は、無理なく段階的に。

わからないことがあれば先輩がフォローするほか、「教育情報部ポータルサイト」を活用しすぐに解決することができる。

「多面的かつ体系的な教育カリキュラム」で知識・技能を自分のペースで漏れなく習得できる。

中途社員の声、集めました!

  • 教育システムが充実しており、受け入れ体制も整っていたので、薬剤師としてはじめて仕事をするときに非常に安心できる環境でした。

    30代前半/男性/前職:製薬メーカーMR

  • 規模が大きい企業なので、最初は目が行き届かないなどということがあるのではないかと不安を抱いておりました。しかし実際には全くそのようなことはなく、微に入り細に入り仕事ぶりや成長度など見てくださっているようで、安心して働くことができております。

    20代後半/女性/前職:製薬メーカーMR

  • ブランクがあった自分にとってどうしても学ぶ環境が必要であった。今いる店舗は大学病院前で勉強しやすい。患者さまが来局しない時間帯はインターネットで勉強できるサイトがあるなど、スキルはどんどん身につくと思った。

    30代前半/男性/前職:CRO

中途採用エントリー