営業で培った提案力を薬剤師で活かす

薬剤師は自らの働きかけ次第でさまざまな職能を発揮できる

加藤 義豊
2018年入社/在宅支援センター施設長(神奈川県内店舗)
医薬品メーカーにて営業職として6年勤務した後、日本調剤に入社。
前職の経験を
活かした働き方
  • 営業職で培ったコミュニケーション力が薬局の多職種連携に活かせる
  • 薬剤師にも提案力が求められる時代、顕在ニーズを引き出す力も必要

社員に関心を持ち活躍できるフィールドがたくさんある会社と感じた

前職の仕事と日本調剤に転職をされた理由を教えて下さい。

医薬品メーカーの営業職として、得意先の医師や薬剤師に自社の医薬品の売り込みをおこなう仕事でした。患者さまに直接貢献したいと思い薬剤師に転職しようと思ったのですが、日本調剤を選んだ理由は2つあります。1つ目は、充実した研修制度です。未経験で調剤薬局に飛び込むのはやはり不安があったのですが、日本調剤は当時から教育研修に定評があったので安心だと思いました。2つ目は面接の際の印象でした。面接で私自身のことを深く聞いてくれて人・社員に関心がある会社と感じたのと、今までの経験も活かして活躍できるフィールドがたくさんあると伺えたことが決め手でした。

実際に入社してみて研修はいかがでしたか?

処方せんの読み方から薬剤の規格などの知識すら無かったところからのスタートでしたが、e-Learningの15ステップアップ研修で基礎から学べたことが助かりました。また、日々の業務の中で分からないことも、店舗の薬剤師は知識がある方ばかりなのでいつでも質問することができました。自分でもっと調べたいと思った時は教育情報部のポータルサイトから調べられることもあり、知識面の不安は早いうちから解消されたと思います。

日本調剤に入社してからの仕事内容を教えて下さい。

初めは、総合病院の門前薬局にて薬剤師業務全般を学びました。いろいろな背景を持っている患者さまにどのように伝えたらよいか、考えることは苦労したことでもあり楽しかったことでもありました。その後、在宅支援センターという施設在宅を専門で担う店舗に異動し責任者をしております。施設へ訪問しご入居者さまの薬を一元管理する、というのが主な業務内容です。医師の往診に同行し処方提案や残薬調整をしたり、施設の看護師やケアマネージャーと連携をとり情報収集したりしながら適切な医療を提供できるように働きかけています。

責任者として職員が能動的に動けるようにアドバイスをおこなう

責任者としてどのような業務をしていますか?

私も当然担当の施設をもっているのですが、責任者として店舗で担当している全ての施設やクリニックを把握しています。施設によって入居者さまの人数や訪問ルールが違うなど特色もありますので、それらを分かったうえで職員に振り分け管理しています。店舗全体では現在18施設を担当していて、1つの施設を2~3の病院やクリニックが担当しているので関係のある医療機関はもっと多くなっています。それぞれのニーズがあり各職員からの相談事も多岐に渡りますが、適切に対応できるようにアドバイスをしたり一緒に施設に伺い調整したりしています。

在宅支援センターの薬剤師はどのような仕事をしているのですか?

さまざまな形で施設や医師と連携し薬剤師側からご提案をしています。例えば、薬剤師が入居者さまもしくは施設の看護師から得られた入居者さまの体調を鑑み、「この薬は漫然と服用されているが必要か」と往診の医師にご提案したところ実際に削除され、「薬剤師が見てくれると助かる」ととても感謝されることがありました。また、減薬の提案だけではなく。処方変更の提案もしています。店舗の職員から相談された例ですが、2種類の吸入薬を使用中の患者さまでそれぞれのデバイスで手技が違ったため、患者さまも施設スタッフも苦労されていることに気がつき、同効薬で同じ手技のデバイスへ処方変更を提案しました。このように薬剤師側から提案を続けていると医師からも感謝され信頼をいただくことにも繋がっていくと感じています。

在宅支援センターの薬剤師はさまざまな形で貢献できているのですね。

毎日のようにこのような事例はありますね。これは私が受け持っている施設での話ですが、患者さまがそれぞれ違う栄養補助食品を使われていて、それをケアマネージャーがまとめて管理されていたのですがとても大変と伺いました。そこで、施設やクリニックに連絡をし、当店舗で栄養補助食品の管理をさせていただくことになりました。各施設が使いやすい発注システムを構築し管理がしやすいようにしたり、往診同行の際に栄養剤製品を処方するまでではないけれど栄養状態が心配な患者さまには、薬局から栄養補助食品を提案してこちらから提供したり、薬物治療以外にも薬局薬剤師として貢献できた事例です。

自分が提案したことが実現し、それが人の役に立っていることの喜び

取り組みをお聞かせいただき、薬剤師がとても医療に介入していると感じました。

そうですね、これは施設長として意識していることになるのですが、一つは“率先垂範”です。まずは自分が薬剤師として患者さまや施設のニーズを汲み取ったり医師への処方提案などをおこなったりする姿を見せることで職員を引っ張るようにしています。次に、職員には能動的に動くよう伝えています。在宅支援センターの薬剤師は処方せんを医師と一緒に作っていくところから携わろう、能動的にさまざまな情報を集めてそれを薬剤師の提案を持って医師にフィードバックしていこう、そうでないと信頼は得られない、と話をしていて職員も実践してくれています。

薬局薬剤師として働くやりがいにも繋がりますね。

まさにその通りですね。自分の働きかけ次第で、処方せんが変わって患者さまや施設の看護師、ケアマネージャー、さらに処方提案を受け入れてくださった医師からも感謝していただけるというのは大きなやりがいだと思います。前職の営業職で培った提案する力というのが薬剤師の業務にも活かせていて、自分が提案したことが実現しそれが人の役に立っていることに喜びを感じています。また、会社も私の考えや行動を見て評価してくれていて、社歴が浅いにも関わらず施設長を任せていただいていることに感謝していますし、転職して良かったと思っています。

今後、どのようなことにチャレンジしてみたいですか?

在宅支援センターで本当に貴重な経験をさせていただいているので、それを多くの人に伝えたいですね。まずは、日本調剤の学術大会での発表に向けて準備しています。往診医と施設の看護師に「薬局薬剤師に求めることはなんですか」というアンケート調査をしてみました。残薬調整などの管理が主ではないかと思っていたのですが、実際は処方提案や薬剤服用歴管理といった回答が多く挙がっていました。薬剤師にいろいろ期待してくれていることが分かったので、実際に当店舗でどのような活動をしているかまとめて発表する予定です。私自身、営業職時代は薬局薬剤師がここまでできると思っていなかったので、私が発信することで社内の薬剤師はもちろん他の医療従事者、一般の方々にも薬局薬剤師ができることをより知っていただけたらと思っています。

転職を考えている方に一言

薬剤師は、自らの働きかけ次第でさまざまな職能を発揮できるとてもやりがいのある仕事だと思います。未経験から調剤薬局に転職しようと考えるとやはり不安はあると思いますが、日本調剤は教育研修の土台もしっかりしていて安心して働けるので、患者さま、医師、看護師、さまざまな方に感謝してもらえるこの仕事で一緒に頑張っていけたら嬉しいです。