退院後のその先に関われるよろこび

在宅医療専任薬剤師として患者さまの大事な日常を守りながら支えたい

吉森 仁美
2012年入社/在宅医療専任薬剤師(東京都内エリア担当)
病院薬剤師として5年半勤務した後、日本調剤に入社。
在宅医療
専任薬剤師の
働き方
  • 患者さま一人ひとりに向き合う時間をもって働くことができる
  • 地域の多職種と連携して患者さまをサポートすることが大切

もっと患者さまと近い距離で関わりたいという想いがあった

前職の仕事と転職をされた理由を教えて下さい。

100床未満の病院に勤務していました。調剤業務、注射業務、外来の服薬指導、病棟にも少し出入りしていましたが、在宅医療についてはおこなっていない病院でした。転職した理由は、前職で働いているうちにもっと患者さまと近い距離で関わりたいという想いが強くなって、短期間での関わりであるベッドサイドだけの服薬指導に物足りなさを感じていたためです。また、あまり多職種連携をしている病院では無かったので多職種ともっと連携ができたらとも思っていました。

なぜ日本調剤に転職されたのですか?

今の在宅医療部の上司にあたる方が、私の勉強したかった緩和医療の知識があった方でしたので、在宅医療に深く関わりながらいろいろと勉強させていただけるかなと思い日本調剤に決めました。あとは、大きな会社だったので福利厚生とかもしっかりしているし、いろいろな意味でクリーンで安心かなって思ったことが決めた理由の一つです。

日本調剤に入社してからのイメージはどうですか?

会社に守られているという感じがします。病院も組織ではありますが会社とは違うので。日本調剤は企業としてきちっとしており、何かあった時には守ってもらえるという安心感があるので、仕事に精一杯取り組めると感じています。また、研修制度がとても充実しているので、私は中途で入りましたがこの研修制度を薬剤師1年目から使えていたら…、と日本調剤の新入社員をうらやましく思ったりしました。

さまざまな職種の方の専門性を垣間見ることができる環境です

現在の仕事内容を教えて下さい。

以前は施設の在宅も担当していましたが今は個人宅の在宅訪問をおこなっています。月に60名程を担当していて、その患者さまによって訪問回数は月に1回、2回、毎週の方がいるなどさまざまです。だいたい一日に10件弱ほどの訪問をおこなっています。先生の往診の日程を考慮しながら、患者さまの残薬の状況を把握しつつその日に訪問するエリアを自分で決めていくなど、比較的自分の裁量でスケジュールを組むことができています。

比較的自分でスケジュールを決められるのですね?

そうですね。例えば、この患者さんにはもっと介入する必要があるから、今度看護師さんの訪問時間に合わせて訪問してお話ししてみよう、といったように患者さまの状況に合わせて自分で考えて訪問することもあります。また、この日は午前中に訪問を集中させて午後はお休みにしようと、いったこともできます。他の在宅医療専任薬剤師と連携をしていて、自分のお休みの日に担当の患者さまに臨時の薬が出た時に代わりに訪問してもらう、といったこともあります。

往診同行や多職種との連携はありますか?

患者さまのお宅に初めて訪問する際など、クリニックやケアマネージャーさんからお声がけいただいて往診同行することもあります。地域を診ていらっしゃる先生ですので、信頼関係ができてくると直接お電話でやり取りすることもありますし、検査値を共有いただきながら、薬が変更になっているときはその理由を直接お聞きすることもできています。看護師さん、ケアマネージャーさん、心理士さんや理学療法士さんなど、いろいろな方と関わって仕事ができるので、それぞれの専門性を垣間見ることもできていますね。

同じ病状の患者さまでも違う人生がある。その人に合ったケアを

転職の際に希望していた多職種連携ができているのですね。

はい、患者さまのご自宅で患者さまを囲んでいろいろな職種の人が話し合う“担当者会議”も定期的におこなわれていますし、最近は新型コロナの影響で自粛やWEB開催になっていますが、“地域ケア会議”といって医師やケアマネージャーさん、栄養士さんが主催となって地域で勉強会をおこなっていて、懇親を深めることで関係性ができて業務もやりやすくなっています。また、“退院時カンファレンス”では、退院予定の患者さまがスムーズに在宅医療に移行できるよう、患者さまとそのご家族、入院中に関わったスタッフ、在宅医療で関わっていくスタッフが病院に集まり話し合いをおこなっています。

在宅医療専任薬剤師のやりがいはなんですか?

薬剤師としては、自分の知識を活かして医師に処方提案できたり、それで患者さまの状態が良くなったりすると嬉しく思います。あとは、薬剤師というのは抜きにして、人と人との関わりあいで患者さまとコミュニケーションをとって、必要とされていると感じたり訪問することを喜んでくれるときはやっていてよかったなと思います。独居の方やターミナルの方などいろいろな患者さまがいらっしゃいますが、少しでも気持ちが楽になってもらえたらと思って仕事をしています。同じ病状であっても、患者さま一人ひとりの生活、人生で大事にしているものは違うので、患者さまの大事な日常を守りながら支えていけるよう心がけています。

転職して良かったと思うことはありますか?

一生この会社にいられたらいいなって思いますし、できれはずっと在宅には関わっていきたい。万が一、在宅医療部を離れてしまったとしてもこの会社にずっとお世話になりたいなって思っています。毎日楽しく仕事をさせてもらっていますので転職して良かったです。仕事への取り組み方や考え方が尊敬できる、一生付き合っていきたいと思える同僚や先輩、後輩にも出会えたことも幸せに感じています。

転職を考えている方に一言

一人の患者さまに対してしっかりと時間をかけて接することができる環境に感謝しています。今、転職を考えている方の中には、病院や薬局の業務の合間に在宅訪問をおこなっている方もいると思います。私は、在宅医療専任薬剤師として患者さま一人ひとりに向き合う時間を与えてもらえているし、相談できる頼りになる同僚もいて、本当に贅沢な環境で働けていると感じてます。在宅医療に興味のある方、ぜひ一緒に働きましょう。