本文のエリアです。

その他2016年12月29日

健康をもっと身近なものに! 「第11回七尾市民健康福祉まつり」 日本調剤 小丸山薬局が健康測定ブース出展【JPイベントレポート】

 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社所在地:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:三津原博)では、10月1日(土)「第11回七尾市民健康福祉まつり」(石川県七尾市)にて、日本調剤 小丸山薬局がブース出展しました。地域住民の方々に向けて、血管年齢・ストレス測定や肺年齢測定のほか、お薬相談、健康食品試飲等を実施しました。

 

 日本調剤では、地域社会に貢献する医療サービス提供企業として、地域住民の皆さまの健康維持・管理、未病意識の向上などを目的とした健康イベントを開催しています。また、自主開催イベント以外の各種健康関連イベントにも積極的に参画して、健康に関する啓発活動に取り組んでいます。

 

 10月1日(土)には、石川県七尾市で開かれた「第11回七尾市民健康福祉まつり」にて、日本調剤 小丸山薬局のスタッフ5名が参加し、健康測定ブースを出展しました。当薬局では、これまでにも近隣の医療機関内のイベントにて健康フェアを開催するなど、地域の方々に向けて積極的に健康啓発を行ってきました。今回、より多くの地域住民の方々の健康をサポートするため、七尾市民健康福祉まつりに初出展しました。

 当ブースでは、血管年齢・ストレス測定、肺年齢測定のほか、健康食品の試飲やサンプリング、お薬・健康相談を行いました。当日は地域にお住まいの子供から高齢者まで幅広い年齢層の方々にご来場いただきました。中でも健康への意識が高く、より健康になるための情報を求められている方が多く、当社ブースは絶えずにぎわいを見せていました。

 

 日本調剤では、医療サービスを提供する企業として、今後も地域の皆さまへお薬や健康管理に関する情報提供の場を積極的に設けていきます。

 

cafe_19 cafe_21

 

 

<日本調剤株式会社について>  https://www.nicho.co.jp/

 1980(昭和55)年の創業以来、一貫して国の健康保険制度を支える調剤薬局のあるべき機能・役割を全うすべく「医薬分業」を追求し、調剤薬局 展開を積極的に行っています。現在では、全都道府県に調剤薬局を展開し約2,700名の薬剤師を有する、日本を代表する調剤薬局企業として評価を得ています。 また、ジェネリック医薬品の普及や在宅医療への取り組みを積極的に進めており、さらに超高齢社会に必要とされる良質な医療サービスを提供する「日本のかかりつけ薬局」を目指して取り組んでいます。

 

JPイベントレポートについて

 本イベントレポートは、日本調剤の薬局や薬剤師が地域で取り組んでいる活動を随時紹介しています。地域社会に貢献する調剤薬局として、地域住民の皆さまの健康維持・管理を目的とした各種健康関連イベントの開催や、薬や健康に関する活動への参画など、積極的に取り組んでまいります。

 

●本イベントレポートは下記よりPDF形式にてご覧いただくことができます。

平成28年12月29日付「第11回七尾市民健康福祉まつりにて日本調剤 小丸山薬局が健康測定ブースを出展」