ENTRY
BUSINESS
事業紹介
日本調剤の事業は、日本が抱える社会的課題を解決するものであり、事業そのものが社会的価値創造へ直結しています。当社の経営資源を最大限活用し企業価値を高めることで、社会的課題解決に寄与しています。
SCROLL
HEALTHCARE COMPANY
調剤薬局事業
情報提供
コンサルティング事業
医薬品
製造販売事業
医療従事者
派遣紹介事業
総合ヘルスケアカンパニーへ
日本調剤グループは、調剤薬局事業を軸に、時代のニーズを捉えた医療関連事業に果敢に挑戦することで新規事業の創出を実現し、20年以上連続で増収を達成してきました。現在は、調剤薬局事業に加え、医薬品製造販売事業、医療従事者派遣・紹介事業、情報提供・コンサルティング事業の4事業を展開し、各事業がシナジーを発揮する革新的なビジネスモデルで成長を続けています。超高齢社会の進展に伴い薬局機能が多角化する中、抗がん剤など専門的な知識が必要な高度医療に対応する薬局や、地域の皆さまの健康増進を身近にサポートする薬局など、「医療の専門家」として地域の皆さまの健康を支えています。
今後も業界に先駆けたICT戦略やバランスのとれた出店戦略を進めることで、調剤薬局事業の飛躍的拡大と関連事業のシナジー効果により、総合ヘルスケアカンパニーとして持続的な成長を実現していきます。
PHARMACY
調剤薬局事業
<日本の医療をリードする、主軸事業>
売上高構成比率の約80%を占める、調剤薬局事業。創業初期より、高度な医療を提供する大学病院や地域の基幹病院前に薬局の出店を行い、日本調剤の成長を牽引してきました。政府施策や医療業界の環境変化に対応し続ける高い専門性や、時代のニーズに応えるICT化など、これからの薬局経営の中核を担います。
調剤薬局運営
日本全国47都道府県で、673店舗(2021年2月時点)の調剤薬局を運営しています。薬局では保険調剤業務を中心に、一般用医薬品、健康食品等の自社製品、保険商品の販売も行っております。また、薬局内に日々の健康づくりを支える「健康チェックステーション」も展開しており、相談コーナーやご自身の健康度がわかる測定機器の利用機会を提供しています。医薬品の提供だけにとどまらず、地域の方の健康を多方面から支えることで、社会に貢献しています。
- 成長を支えるICT投資 -
調剤システムをプラットフォーム
としたシステム開発
当社では、調剤薬局業界で唯一、薬局業務に使用する調剤システムを自社で開発・運用しています。1990年代から調剤システムを自社開発し、毎年アップデートを行うことで、法改正などにも迅速に対応しています。調剤業務を支える基幹システムとして、業務効率化と薬局業務のサポートに貢献しています。
CONSULTING
情報提供
コンサルティング事業
<Low Cost High Qualityの医療のあり方を求め事業を展開>
日本調剤グループの一つとして、情報サービス・コンサルティングを担う日本医薬総合研究所。当社では、日本調剤グループ各社を通じて得た、年間1,400万枚を超える豊富な処方箋情報などの有益な医療情報資源や、全国約700店舗の薬局ネットワークを生かし、医薬品メーカーなどの医療関係企業、自治体、関係団体に向けて、医薬品に関する調査・研究や日本調剤店舗を活用した広告プロモーション、コンサルティング等の事業を展開しています。
情報提供コンサルティング事業
ビジネスモデル
Real World Dataを活用した
質の高い情報提供サービス
グループ内調剤薬局で取り扱う5年分の全処方箋データ(Big Data:2億5,000万件)に対応した分析ツールの開発・運用を行っています。処方箋データ(Big Data)と薬剤師(ヒト)を組み合わせることで、調剤薬局事業とのシナジーを最大限に活用し、他社にない付加価値の高い情報提供を実施しています。これらのReal World Dataは、研究機関、教育機関、医薬品メーカー等との共同研究や、それらへの情報提供により、患者さまの主体的な治療の取り組みを推進し、医療費の適正化に貢献しています。
※Real World Data
臨床試験・研究などの実験的環境ではなく、医療の現場で発生・収集されたデータ。
医療費適正化に貢献する
データヘルス支援サービス
情報提供サービスで培ったデータ解析ノウハウやコンサルティング業務を活用し、様々なデータヘルス関連の取り組みを行っています。
その一環として、健康保険事業者さまよりお預かりした処方内容に関わるデータを基に、医療費適正化に必要な分析業務、被保険者さまへの服薬通知業務を行っています。服薬通知とは、服薬内容に何らかのリスクがある方を抽出し、その内容をお知らせするものです。服薬通知をかかりつけの医師や薬剤師が確認することで、複数の医療機関や薬局の間において服薬情報の共有が可能となり、服薬リスクの回避や医療費の削減に繋がります。
PHARMACEUTICAL
医薬品
製造販売事業
<日本調剤グループのシナジーを発揮した生産モデル>
全国に高品質のジェネリック医薬品をお届けするため、開発から販売まで一貫した体制を整えています。日本調剤グループとしてのシナジーを生かし、患者さまや薬局現場の声を反映した製品の企画・製造を行っています。
<医薬品製造販売事業の成長>
2005年
日本ジェネリックを設立
2010年
茨城県つくば市の工場稼働を開始
2012年
自社の研究所で開発し自社の工場で製造した製品の販売を開始
2013年
長生堂製薬をグループ会社化
2017年
日本ジェネリックつくば第二工場が完成
医療品製造販売事業
ビジネスモデル
日本全国に高品質のジェネリック医薬品をお届けするため、開発から販売まで一貫した体制を整えています。日本調剤グループとしてのシナジーを生かし、患者さまや薬局現場の声を反映した製品の企画・製造を行っています。
RECRUITMENT
医療従事者派遣
紹介事業
<拡大するマーケットのニーズに応える人材派遣紹介事業>
日本調剤株式会社が母体となり、業界初の薬剤師専門人材派遣会社として2000年に日本調剤ファルマスタッフ株式会社を設立。2008年からは株式会社メディカルリソースとして、医師や看護師、登録販売者の分野にも領域を広げ、医療従事者を対象とした総合人材サービスを行っています。4つの人材紹介サイトの運営を行うとともに、13 ある国内営業拠点では求職者へのカウンセリングを行い、求人企業と求職者との最適なマッチングを提案しています。
医療従事者派遣紹介事業
ビジネスモデル
<薬剤師事業>
調剤薬局業界では、中小規模のチェーン薬局・個人経営の薬局が殆どですが、その多くでは薬剤師の採用が課題となっています。メディカルリソースでは、業界トップクラスの薬剤師採用数を誇る日本調剤の採用ノウハウを生かし、これらの薬局を中心に薬剤師の派遣紹介を行っています。また、薬学生・薬剤師に対する、教育・情報コンテンツの提供により、「薬剤師の地位向上」にも貢献しています。
<医師事業>
大きな転換期を迎える医療業界において、医師の確保は病院経営の重要な課題の一つです。
メディカルリソースでは2017年から、医師の紹介事業を開始しました。薬局の新規出店にて医師と関わることのある、日本調剤の営業部門と連携しながら、地域から信頼される病院づくりを支援します。
<メディカルスタッフ事業>
医療機関や企業からの「医師や薬剤師以外の医療従事者も採用したい」とのニーズに応えるべく、登録販売者・看護師等への職種についても、事業を拡大しました。
<施設事業>
近年、高齢者人口の増加を受けて、高齢者入居施設の制度・種類は複雑化し、入居者さまのニーズも多様化しており、双方のマッチングが難しくなってきています。メディカルリソースでは、高齢者入居施設の情報を集約したポータルサイトを通して、ベストマッチングをお手伝いします。
Now loading