M E N U

2019.08.01 UPDATE

週刊!薬剤師ブログ

新人紹介リレー20192019.08.01

患者さまに親しまれる先輩の姿が目標!東北支店・佐々木未絵

2019年に入社した各支店の新人たちをQ&Aで紹介する新人紹介リレー企画がスタート!
今週は東北支店から、男女1名ずつご紹介★この記事では、岩手医科大学出身、仙台市内の大型門前薬局で憧れの先輩を目指して奮闘中の佐々木未絵さんが担当します!

●薬剤師になろうと思ったきっかけを教えてください。
もともと母が医療系の職だったため、将来は医療系の仕事に就きたいと幼いころから漠然と考えていました。それと、理系科目が得意な女子ってかっこいい!と思い、理系科目・医療系で進路を考え、薬剤師を目指すようになりました。

●日本調剤に入社を決めた理由は?
日本調剤の薬局は大きな総合病院の前にあることが多いため、どこに配属されても大学6年間の知識を余すことなく活用できると思ったからです。また大学生の時から一人暮らしをしていたので社会人になっても一人暮らしがしたく、社宅制度がある点にも魅力を感じました。

●配属先の薬局について教えてください!
大学病院前の薬局で勤務しています。様々な診療科の処方せんを応需しているので、幅広く勉強できます。リウマチや出血性大腸炎などの処方をよく見ます。

●配属先エリアのお気に入りポイントはありますか?
大型ショッピングモールが近くにあるので週末はよく買い物に行っています。土日だとタイムセール中のことが多く、安さのあまり新しいランニングシューズを買いました(笑)仙台駅まで電車でも車でもすぐなのでご飯も買い物もすごく楽です。

●オーベンはどのような人ですか?
実は、同じ大学、同じ研究室出身の先輩なんです!笑い声がよく聞こえる、笑顔が素敵な人です!患者さまも話がしやすいのか、たくさんお話している姿をよく見かけます。服薬指導などに活かせるように、薬について、資料や処方せんを用いて丁寧に説明してくれます。私も配属されてから2カ月が経ち、服薬指導も始めましたが、早く先輩のような患者さまに親しまれる薬剤師になりたいです!
(※オーベン…入社1年目にマンツーマンの指導役がつく日本調剤の教育制度「オーベン・ネーベン制」における指導役の先輩薬剤師のこと。)

*尊敬するオーベンの須田さん。先輩のような薬剤師を目指し日々奮闘中!

●配属されてから感じる、同期との繋がりはありますか?
今はどんな仕事をしているのか、どれくらい服薬指導をやっているのか、どんな学会に参加したのかなどを聞くと、自分も頑張ろうと思えるので励みになります!新人研修で同じ班だった同期が全国にいるので、地域によって異なる薬局の雰囲気を聞けるのも面白いです。

●薬剤師として働き始めて、感じていることを教えてください。
継続して薬局をご利用いただくために、どのような応対をすれば良いのか日々悩みます。患者さまから聞かれたことにすぐに答えられないこともあり課題はありますが、自分で勉強したことをもとに説明できた時は、達成感があり嬉しくなります。

●社会人になってからオフはどう過ごしていますか?
好きなアーティストやアイドルのグッズを買う、イベントに参加する、新作の化粧品を買うなど、学生時代は金銭的に難しかったことができるようになって週末の楽しみが増えました。最近は隣県の同期や大学の友人のもとに遊びに行っています。この前はさくらんぼ狩りをしました!

*同じ大学出身の同期と週末に行ったさくらんぼ狩り♪研修で全国各地から来た同期と交流したことで、地元の魅力に気づく機会も増えたかも?

●日本調剤に入社してよかったと感じることを教えてください!
調剤の面ではPeechという調剤鑑査のための機器が導入されており、万が一の人為的なミスを防止してくれて心強いです。
調剤をサポートしてくれる機器が整っているのは、日本調剤の強みだと思います。

≫≫次の走者にバトンタッチ!