M E N U

2020.11.26 UPDATE

週刊!薬剤師ブログ

5週連続プレゼントキャンペーン企画2020.11.26

第3弾・認定薬剤師

日本調剤のストロングポイントをお伝えするLINEプレゼントキャンペーン企画第3弾!今回のテーマは「認定薬剤師」です!

*記事を読みLINEからアンケートに回答すると回答者全員に就活でも役立つスマホ(タブレット)スタンドをプレゼントいたします!(薬学4~5年生対象、12/14(月)までの期間限定)詳細は日本調剤のLINE公式アカウントから♪

薬学生の皆さんこんにちは!今回は、北海道の大学病院門前薬局で勤務する髙橋健市がお話しいたします!
新卒サイトやパンフレットにも登場していますので、私の顔を知ってくれている方もいるのではないでしょうか?私は2015年新卒入社(慶應義塾大学卒)、認定取得強化チームに所属し、入社4年目で外来がん治療認定薬剤師を取得しました。薬局勤務経験3年以上が要件に含まれるので、実質最短で取得したことになります。現在は外来がん治療認定薬剤師の取得者の一人として、認定取得強化チームに所属しながら後進の育成に携わっています。

*認定取得者として、社員の薬剤師としての質の向上に寄与することも役割の一つです!

日本調剤の認定取得サポート体制
日本調剤では、認定取得強化チームを用意し、学会への参加費用・交通費の支給土日参加の場合の振休取得認定取得者による症例の添削や事例共有などのサポートを行っています。疾患別社内認定の設定、認定薬剤師手当の支給なども行い、薬剤師としての能力向上をサポートしながら、しっかり評価としても還元できる体制を整えています。

難易度が高いとされる外来がん治療認定薬剤師は現在社内で25名が取得しています。これは、調剤薬局・ドラッグストア業界ではトップ、また業界内での取得者の約4分の1を占める数です!

私が認定取得強化チームに所属したのは入社2年目の秋ごろ。病院実務研修(数カ月の間病院勤務を研修として経験する制度)に参加させてもらったり、認定取得者の先輩からアドバイスを受けることで、注射薬の知識不足や事例作成、筆記試験の情報不足を補ってもらい、認定取得まで迷うことなく進んでいくことができました。

知識面のサポートはもちろんですが、北海道の薬局で勤務しながら東京都などで行われる学会に参加していたので、費用補助は本当に助かりました!

認定取得後の薬剤師としての変化と活動
認定を取得したことで、自分の患者さまとの関わり方は大きく変わったように感じます。
認定取得前には、正直どこか「なんとなくこうだろう」「このように決まっているから」と表面的に行っていた業務が、認定取得のための勉強を通し、どのようなエビデンスや文献を元に考えたらいいかがわかり、はるかに自分の仕事、患者さまへの対応について自信を持つことができるようになりました
自信がないと、患者さまの予後やQOLに関わる処方提案はできないと思います。
エビデンス・参照すべき論文等への知識がついたことで、医師への提案もより自信をもって積極的に行えるようになり、患者さまの治療に貢献できていると感じる機会が増えました。

現在は、認定取得済みの薬剤師として、強化チームに所属している方々のサポートをしています。認定取得強化チームでは新人研修として行うオーベン・ネーベン制(先輩が後輩の指導を行う教育体制)のような取り組みを行っていて、私は北海道、東北、北関東エリアの認定を目指すメンバーのオーベンを担っています。主なサポート内容は介入事例の査読です。認定取得を通過点に、疾患領域のリーダーとして育ってほしいと思っているので、答えでは無く考え方を示せるように心がけています!

*店舗でも後輩に成長してもらえるよう努め、新人のオーベンも担当しています!
積極性を持ち患者さまに向き合える薬剤師に!
薬剤師の仕事をする上で大切なのは、薬物治療の責任者として患者さまと向き合うこと。不要な薬は減薬し、必要な薬があれば追加提案を行い、「医師が処方したから」ではなく、治療がうまくいかなかったら自分のせいだと思い、奮い立たせることで患者さまに貢献できるよう頑張っています。

私も薬剤師として目標があります。がんだけではなく、幅広い疾患や薬剤に精通したジェネラリストになりたいと思っています。病気や薬をすべて網羅してフォローすることがかかりつけ薬剤師なら可能ですし、何よりの醍醐味だと感じています!

薬学生の皆さんには、積極果敢な薬剤師になってほしいと思います。薬剤師にもっとたくさん教えてほしい、治療に積極的に関わってほしいと思っている患者さまは実は大勢いるんだと日々の業務を通して実感しています。日本調剤には若手が継続的に成長できる、変化できる機会がたくさんありますので、目の前の患者さまに対してどう向き合うかを日々考え抜いてほしいです!

認定については各種のインターンシップイベント等でも実際に認定を取得している社員や、強化チーム所属社員と直接お話する機会もあります。是非チェックしてみてくださいね!
12月には「薬フェス」で認定薬剤師社員が登場!詳細・予約は以下のリンクから!
★「薬フェス」ほか イベント予約ページ
★認定薬剤師について関連ページはこちら