本文のエリアです。

処方せんとは?

「処方せん」ってなんだろう?

「処方せん」とは、医師が患者さまの病気の治療に必要な薬の種類や量、服用法が記載された書類です。薬剤師が処方せんの内容が適正であるか確認した後、調剤します。患者さまの薬物治療を行う上で重要な役割を担っています。

医師と薬剤師というそれぞれの分野の専門家が、患者さまをサポートすること、それが「医薬分業」と呼ばれる日本の医療の仕組みです。処方せんはこの仕組みに欠かせない大切な文書なのです。

患者さまの4つのメリット
  • 処方せんが発行されることで文書として記録が残ります
  • どんな薬が処方されたか自分で確認することができます
  • 薬の専門家である薬剤師が内容に問題がないかをチェックできます
  • 患者さまご自身の意思で、調剤薬局を選ぶことができます

処方せんに書かれている内容

  • 1.保険者番号等
  • 2.氏名・生年月日・性別
  • 3.医療機関名・連絡先・処方した医師の名前
  • 4.薬の名前   薬の形(錠剤、カプセル剤など)  薬の量   1回あたり飲む量 一日に飲む回数 飲むタイミング
  • 5.ジェネリック医薬品への変更について

処方せんには患者さまの病気の名前・症状は記載されていません。薬剤師は処方された薬が適正なものかどうかを確認するため、患者さまの状態についておうかがいすることがあります。

有効期限は4日間

処方せんの有効期限は発行日を含めて4日間(日曜日や祝日を含む)です。有効期限が過ぎると調剤薬局では受付できなくなり、医療機関で再発行をしてもらうことになります。再発行は健康保険が適用されないため費用は全額自己負担。処方せんを受け取ったら、早めに調剤薬局に持っていきましょう。

処方せんを取り扱う薬局

「調剤薬局」「保険薬局」「処方せん受付」などの表示がある薬局へお持ちください。都道府県に届出をして保険指定を受けている薬局なら、 どの医療機関の処方せんでも受付しています。日本調剤の薬局はすべて保険指定を受けています。