本文のエリアです。

「お薬手帳」活用のススメ

お薬手帳ってなに?

自分が使っている薬の名前・量・日数・使用法などを記録できる手帳です。副作用歴、アレルギーの有無、過去にかかった病気、体調の変化などについても記入できます。

お薬手帳

お薬手帳の内容

  • 処方内容

    調剤日/調剤薬局名/処方せん発行医療機関名/薬剤名/薬剤の用量・用法/日数/ジェネリック医薬品か否かなど

  • 副作用歴
  • アレルギー歴
  • 主な既往症
お薬手帳を使うメリット
  • 飲み合わせや薬の重複をチェックし、副作用や飲み合わせのリスクを減らします。
  • 副作用歴、アレルギー、過去にかかった病気などの情報を伝えることができます。
  • 旅行や災害、急に具合が悪くなったときなどに、自分の薬の情報を正確に伝えることができます。

お薬手帳の使い方

一冊にまとめるようにしましょう
  • [お薬手帳は一冊に]服用薬の記載漏れなどを防ぎ、より正確な記録になります。
  • [医療機関、薬局へ行くときは忘れずに]基本情報がすぐに伝わり、的確な治療の助けとなります。
  • [一般用医薬品(市販薬)やサプリメントを買うときも]薬剤師が適切なアドバイスをする参考になります。
  • [アレルギーや副作用歴は必ず記録を]副作用のリスクを未然に防ぐことができます

電子お薬手帳サービス 「お薬手帳プラス」

日本調剤では、電子お薬手帳アプリ「お薬手帳プラス」を提供しています。
平成28年4月からの医療制度変更で、紙の「お薬手帳」と同様に、電子お薬手帳を調剤薬局でご利用いただくお薬手帳として使用できることになりました。
従来のお薬手帳の機能にプラスして、服薬情報の自動登録、ジェネリック医薬品の差額表示、カレンダー&アラーム機能、ヘルスケア機器と連携といった、スマートフォンやインターネット環境を活用した機能を盛り込んでいます。

日本調剤の「お薬手帳プラス」を、日ごろの健康管理にご活用ください。

電子お薬手帳サービスの詳しい内容はこちら

お薬手帳プラス