本文のエリアです。

ジェネリック医薬品への取り組み

ジェネリック医薬品への取り組み

日本調剤では、グループをあげて患者さまの医療費個人負担を軽減して、国の医療保険制度維持に効果あるジェネリック医薬品の普及・浸透に積極的に取り組んでいます。

ジェネリック医薬品は国民共有の財産

先発医薬品(新薬)は、莫大な研究開発費が投入されて開発し商品化後、特許に守られて研究開発費も含んだ利益を一定期間保護しています。しかし特許期間が過ぎるとその先発医薬品と同じ有効成分を有する医薬品を製造することができます。つまりジェネリック 医薬品の存在は、先発医薬品を開発した製薬企業が、特許による保護期間を経てその対価を得た後に、国民が等しくその恩恵を受けることができる共有の財産だと私たち日本調剤は考えます。

ジェネリック医薬品は国民共有の財産

患者さまが薬を選択する時代へ

患者さまが薬を選択する時代へ

現在、処方せんに医師の「処方の変更不可指定」がなければ、特許切れの先発医薬品名で処方されても、ジェネリック医薬品への変更が可能です。これは患者さまがご自身の判断で、お使いになるお薬について選択ができるということです。処方された薬が先発医薬品であり、それに対応したジェネリック医薬品を調剤薬局が品揃えしている場合は、患者さまがお薬を変更することができます。患者さまが、経済的メリットも考慮してお薬を選ぶ時代へ移行したということです。

薬のプロがしっかりサポート

患者さまに薬の選択権が移ったとはいえ、患者さまは薬についての専門家ではありません。お薬をどう選ぶか、判断するかにあたっては、薬のプロフェッショナルである薬剤師のサポートが不可欠だと考えます。つまり調剤薬局・薬剤師が、患者さまのご相談にしっかりと専門家として応えることで、患者さまは安心して薬をお選びいただけることにつながります。調剤薬局・薬剤師が、患者さまにとって頼りになり、お役に立つ存在になるかどうかが求められていることなのです。

薬のプロがしっかりサポート

日本調剤にできること、それが「ジェネリック推進」

日本調剤にできること、それが「ジェネリック推進」

今後、なにも手を打たなければ日本の医療費は増大し、やがて医療保険制度そのものが破綻してしまうという事態が迫ってきます。そのことは一民間企業が取り組むこととしては大き過ぎる、重すぎるテーマと思われるかもしれません。しかし日本調剤が日本の未来に対してできることは何かと考えると、それは「ジェネリック医薬品の普及・推進」です。
その原点は、患者さまの喜びの笑顔に接することであり、患者さまに支持・信頼される薬剤師であることの誇り、そして、医療人としての自覚を持って業務に取り組んでいくこと。日本調剤グループは、日本の未来を見据えて、ジェネリック医薬品の普及・浸透に最先端で取り組んでいます。