本文のエリアです。

企業理念

日本調剤の企業理念「医薬分業」

「医薬分業」とは、それぞれの分野の専門家である医師と薬剤師が、日本の医療システムの中で明確な役割分担と強固なチームワークを持って、患者さまをサポートする医療制度であり、信頼される医療システムに不可欠な仕組みとして位置づけられています。日本調剤は、創業以来一貫して「医薬分業」を企業理念として掲げて、自ら「医薬分業」の先駆けとして全国に展開してまいりました。

形式としての「医薬分業」は、分業率が7割を超え、全国へ普及しつつあるものの、本来の機能としては不十分な状態が続いており、国民の医療を支える大切な役割であるものの、まだ十分には浸透しているとはいえない状態です。日本の医療制度を支えるべき調剤薬局の使命は、社会にとって、国民にとって必要とされる存在になること。それが真の「医薬分業」の姿です。

社会から必要とされ、国民の皆さまから支持いただく存在へと、日本調剤は、医療用医薬品のプロフェショナルとしてグループの総力をあげて“真の医薬分業”の実現に取り組んでいます。
※日本薬剤師会HP 「医薬分業進捗状況(保険調剤の動向)」より

フロー

処方内容の公開

  • 院外処方せんの発行

処方の安全性確保

  • 相互作用
  • 重複投与
  • 副作用等のチェック
  • 医師への疑義照会

十分な説明アドバイス

  • 処方されたお薬の情報提供
  • 服薬指導
  • 服薬履歴管理
  • ジェネリック医薬品推奨
薬物治療の実効最大化へ