本文のエリアです。

薬のカタチ

薬のカタチいろいろ

薬はそれぞれの用途や目的に合わせて形を変えて作られています。

内用剤

口からのむ薬

散剤(粉薬)、シロップ剤、錠剤、カプセル剤

外用剤

皮膚、目・口・鼻などの粘膜に使用する薬

軟膏・貼り薬、点眼剤、トローチ ※他には吸入剤や坐剤など

注射剤

皮膚や筋肉、あるいは血管内に直接入れる薬

点滴、注射

カタチを変えるのは何のため?

  • 1.使いやすくする味や飲みやすさ取り扱いなど
  • 2.効果が早く現れるようにする
  • 3.効果が長時間続くようにする
  • 4.病気やケガに直接作用させることができる

錠剤や散剤の特徴と工夫

もっともよく利用される錠剤と散剤について、特徴と工夫のポイントをご説明します。

錠剤

  • 携行しやすく比較的長期保管できる
  • 用量もわかりやすく一般的に服用しやすい
  • 苦い味を隠すようコーディングされていたり、溶け方が段階的になるようになっていたりと、工夫がされたものもある。

工夫例 段階的に溶けることで、効果を発揮したり副作用を軽減します。

  • 口の中 飲み込んだ時
  • 胃の中 外側だけ胃で溶けて吸収される
  • 腸の中 中央の成分が腸で溶けて吸収される
  • こんな錠剤も 口腔内崩壊錠 口の中ですぐに溶け、水がなくても飲めるのが便利

散剤(粉薬)

  • 錠剤やカプセル剤に比べ早く体内に吸収されるため、早い効果が期待できる。
  • 簡単に量が調整できるので、体重や年齢に合わせた処方が可能。
  • 2種類以上の散剤を混ぜ合わせ調剤することもできる。
  • こんな散剤も 顆粒剤 粒が大きくコーディングがされていて苦さを抑えたり、飲み込みやすいよう工夫されたもの。
  • こんな散剤も ドライシロップ 甘みをつけた散剤または顆粒剤で、そのままでも、水に溶かしてでも飲むことができ、お子さま向けによく利用されます。

お子さまやご年配の方が使いやすい薬

お子さまやご年配の方は、種類や形によっては服用が難しい場合があります。同じ成分で違うカタチの薬に変更が可能な場合がありますので、薬剤師に相談しましょう。

  • お子さまの場合 粉薬(散剤)が苦手 ドライシロップへ変更することで、飲みやすくします。
  • ご年配の方の場合 錠剤やカプセルが飲みにくい 口腔内崩壊剤や散剤、シロップ剤、貼り薬、坐薬などに変更できる薬もあります。

次は“薬”3つのキホン2 薬が効くメカニズム