業務効率化・医療安全

薬剤師に求められる業務が刻々と変化しているからこそ、
業務効率化と医療安全への高い意識を持ち続けています。

日本調剤では、創業当初からITの持つ特性に着目し、積極的にコンピューターシステムやネットワークを取り入れ、いち早く調剤業務のIT化を進めてきました。今では全国のすべての薬局店舗が本社と基幹ネットワークで結ばれており、各店舗の状況をリアルタイムで把握できるオペレーションを行っています。長年培ってきたナレッジやノウハウをICTとして最大限活用することにより、日本調剤が提供する医療サービスの質をさらに高めるという好循環を生み出しています。

業務効率化

調剤システム

自社開発をした全店舗共通の調剤システム(レセプトシステム・過誤防止支援システム・相互作用チェックシステム・電子薬歴システムが一体化したもの)は最新の情報や現場で働く薬剤師の声をもとに随時更新しています。

薬剤服用歴管理
薬剤服用歴管理

かかりつけ薬剤師の確認、在庫確認、添付文書確認、薬歴確認、過去処方の確認など同じページで操作できることが多く、操作時間の短縮が可能です。また、薬剤服用歴の記載状況の検索ができるようになっており、遅滞のない薬剤服用歴管理を実現しています。

アミボイス(音声入力システム)
アミボイス(音声入力システム)

声色や速さを個別に認識する学習機能がついているため、薬歴作成時タイピングよりもはるかに早く入力することができます。

健康相談履歴
健康相談履歴

管理栄養士との健康相談の履歴も同一システムで入力できるので、食事や栄養からのアプローチと薬学的なアプローチ、両軸で管理することができます。

在庫管理
在庫管理

自動発注システムにより発注に大きな時間を割かれることはほぼありません。また、薬局間で在庫を融通しあえるようなシステムもあるため、効率的な在庫管理ができます。

ワークシート
ワークシート

処方せん入力後に出力されるオリジナルのワークシートには、過去の薬剤服用歴における処方鑑査や薬剤調整の際に必要となる情報が盛り込まれています。制度が変わった際などには現場で働く薬剤師の声をもとに印字内容を検討し、よりスピーディーで正確な薬剤調整ができるよう工夫を重ねています。

調剤機器

応需している処方せんの傾向に合わせて薬局ごとに必要な調剤機器の積極的な導入をおこなっています。 薬剤師の負担軽減はもちろん、薬剤調整の時間短縮もできるので、患者さまへの服薬指導の時間を十分に確保できています。

医療安全への取り組み

薬局・薬剤師への期待が近年ますます高まっている中、薬剤師は高度な薬学知識やコミュニケーションスキルだけでなく、 医療人としての高い倫理観が求められています。 日本調剤は業界のリーディングカンパニーとして、「真の医薬分業の実現」のために、法令遵守と医療安全の意識を高く持ち、在るべき薬剤師像を体現していきます。

静脈認証
生体静脈認証システム

調剤システム内にはヒューマンエラーを限りなく減らすためのプログラムが多数織り込まれているだけでなく、個人情報である処方情報も暗号化し、厳重なセキュリティ体制が敷かれています。また、業界ではいち早く生体静脈認証システムを採用し、なりすましを未然に防ぐことで調剤業務の透明性を確保しています。

鑑査システム
鑑査システム

調剤システムへ入力した処方内容に含まれる薬剤の登録画像と、実際に取り揃えた薬剤を画像照合することで、薬剤が間違っていないことをモニタ上で確認できる鑑査システムを全店舗に導入しています。照合した画像は記録されるので、問い合わせがあった際にもスムーズに対応することができます。この鑑査システムを通さないと、次の工程に進めることができないように調剤システムと連動させています。

調レコ
調レコ

処方せんの受付から薬の交付、服薬指導までの調剤過程を、複数のカメラによる高精細な画像で記録するシステムです。一部店舗で導入を開始しており、今後は大規模店舗を中心に配置を拡大していきます。

コンプライアンス研修
コンプライアンス研修

定期的にe-Learning研修を実施することで、全職員がコンプライアンスの重要性を認識し、適切に行動しています。

現在の募集店舗を探す