調剤薬局の1日

日本調剤の標準的な薬局の1日を通じて、
店舗での業務の様子をお伝えします。

総合病院の門前薬局の1日

日本調剤の標準的な薬局の1日を通じて、店舗での業務の様子をお伝えします。
併せて、「最新のITシステム・調剤機器」や「日本調剤の薬局スタイル」についても、ぜひご覧ください。

9:00
早朝ミーティング・開局
早朝ミーティング・開局

開局準備を整えたら、全員でミーティング。
近隣の医療機関で新規採用する薬の情報や社内連絡、昨日の反省点などを共有します。スタッフの気持ちを一つにし、いざ開局!

11:00
最も多くの患者さまが来局する時間帯へ
最も多くの患者さまが来局する時間帯へ

門前薬局は、11時頃から処方せんが増えはじめますが業務をサポートするシステムが整っているので、慌てず入力・調剤・鑑査ができます。
忙しさに関わらず患者さまには丁寧に!やっぱりお客様からの感謝の言葉は嬉しいものです。

13:00
お昼休憩
お昼休憩

休憩は交代でとります。テレビを見たり世間話をしながらランチします。医薬情報誌を読んだり、服薬指導で気になっていたことについて、意見交換することもあります。

15:00
ピークが過ぎたら
ピークが過ぎたら

15時を回ると外来調剤は落ち着いてくるので、在宅医療の業務をおこないます。応需している施設の処方せんの調剤・鑑査を分担して行い、担当薬剤師がお届け。
自社開発の「在宅コミュニケーションシステム」を用い、訪問先で薬歴や添付文書を閲覧することもできます。

17:00
在庫管理なども簡単に
薬歴記入もスムーズに

17時を回ると業務も比較的落ち着いてきて、昼間のテキパキした雰囲気も和やかに。ピーク時に書ききれなかった薬歴を記入します。
アミボイスという音声入力システムがあるので、キーボード入力に不慣れでも簡単にできます。
合間をみて「e-learning(15ステップアップ研修)」を受講したり、気になったことを「質疑応答システム」で調べたりします。

18:00
閉店・退社

分包機の清掃や片付けをし、勤務終了!
“お疲れ様でした!”

受付からお渡しまでの流れ

受付・処方箋入力

患者さまの初来局時には初回質問票を用い、アレルギー、既往歴、併用薬、副作用歴をチェックします。
ジェネリック医薬品のご案内、残薬の確認をし、処方せん入力をします。

疑義照会

処方せんの内容と薬歴(服用している薬の名前・量・日数などの記録)を確認して、不明点などがあれば、処方した医師に問い合わせます。
患者さまへ症状についてお聞きすることもあります。

調剤

最新の調剤機器で業務の効率化を実現

  • ピッキングマシン(全自動錠剤払出機)※
  • 散剤分包機
  • 水剤分注機※
  • 軟膏練り機※
  • 全自動錠剤分包機※
鑑査

調剤したお薬を別の薬剤師が鑑査します。

安心の過誤防止システム
過誤や併用禁忌などのリスクは、アラートで知らせてくれます。

  • 過誤防止支援システム
  • 鑑査レンジ※
  • 相互作用チェックシステム
  • 一包化鑑査機※
服薬指導

処方されたお薬を、薬剤情報提供書を基に説明します。同時に、お薬に関する質問などをお受けし、安心してお薬を服用できるようにしてお渡しします。

患者さまからのわからない質問も、質疑応答システムで解決

薬歴作成

患者さまが服用している薬の内容、副作用歴、アレルギーや説明した内容を毎回記録しています。患者さまの治療経過や今後の服薬指導の参考になります。

薬歴記入も合理的に

  • 電子薬歴
  • 音声入力システム(アミボイス)を使えば楽々入力完了

※印の調剤機器は、応需する医療機関に応じ必要な設備を積極的に導入。

中途社員の声、集めました!

  • 職場の雰囲気は和やかで落ち着いていると感じています。調剤システムは、独自のものでその時々の情勢に随時対応できており、調剤機器も最新のものが揃えられており使い勝手が良いです。

    30代前半/男性/前職:大手調剤薬局

  • 忙しい業務を通じて和があります。医療事務、薬剤師の隔てもなくそれぞれコミュニケーションが取れていて、業務の連携もしっかりしていると思います。

    20代後半/女性/前職:病院

  • 入社前は、職場にいる間は職務に対して厳しいイメージがありました。ですが、実際は休憩中などには管理薬剤師も含め和気あいあいとして会話も多く、安心しました。

    20代後半/男性/前職:ドラッグストア

中途採用エントリー