トップメッセージ

当社は、日本調剤グループが目指す2030年の姿として「長期ビジョン~2030年に向けて~」を策定しており、大きな環境変化を乗り越え、さらなる飛躍を可能とする強固な経営基盤の構築を進めています。調剤薬局事業においては、ICT戦略を成長の重要な要素として捉え、調剤業務を支える基幹システムである「調剤システム」や電子お薬手帳「お薬手帳プラス」を自社開発するなど、長期間にわたりICT投資を実施してまいりました。2020年9月には、オンライン服薬指導システム「日本調剤オンライン薬局サービス」を開発し運用を開始しています。

 

昨今のデジタル化による事業環境の変化が進みつつある中、今般の新型コロナウイルス感染症の拡大により、既存の手法が通用しないニュー・ノーマルの時代に突入しており、医療分野におけるデジタル化が急速に進みつつあります。こうした状況の中、既存業務のデジタル化のみならず、デジタルの力によってビジネスモデルそのものを変革し、より強靭な経営基盤を構築していくデジタルトランスフォーメーションに対する取り組みは、企業経営において重要であると捉えています。

 

医療分野においては、オンライン服薬指導の普及や電子処方箋の活用に向けた議論が開始され、マイナンバーカードを保険証として利用できるオンライン資格確認がプレ運用されるなど、デジタルトランスフォーメーションに向けた様々な施策が進められています。

 

当社では、急速に進む医療分野におけるデジタルトランスフォーメーションに先行して取り組むとともに、企業の持続的な成長と、医療の枠を超えた新たな価値創出を実現していくため、デジタルトランスフォーメーション戦略(DX戦略)を策定しました。 

 

日本調剤株式会社
代表取締役社長
三津原 庸介

DX戦略「5つのDX戦略」

①スマート医療の提供
誰もがオンラインによる診察、服薬指導、薬の受け取りまでシームレスに受けられるスマート医療の提供

 

②新たな顧客体験の創出
リアル店舗とオンラインの融合による新たな顧客体験の創出

 

③顧客満足度向上と治療効果の最大化
「お薬手帳プラス」を活用したタッチポイント増加により、顧客満足度向上と治療効果の最大化を実現

 

④付加価値情報の提供
医薬品情報プラットフォーム「FINDAT」による、付加価値情報の提供

 

⑤業務の効率化・対人業務時間の創出
デジタルを活用した業務の効率化による、業務時間の削減及び対人業務時間の創出

DX戦略概要

ステークホルダーのみなさまに向けて、当社グループの 「デジタルトランスフォーメーション戦略」 を発信しています。