総合ヘルスケアカンパニーとしてのさらなる成長を目指し、時代の変化にスピード感を持って対応してまいります。

初めに、この度の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、私たちの生活様式や働き方は大きく変わりました。調剤薬局業界においても、新型コロナウイルス感染症の拡大防止および新たな生活様式に向けた規制改革として、政府が「オンライン診療・服薬指導」の活用を検討しています。そうした目まぐるしい時代の変化に対し、当社グループ一丸となり一層のスピード感を持って対応してまいります。

2020年は新型コロナウイルス感染症の影響下で診療報酬改定を迎えましたが、政府の示す方針に沿って、当社グループがこれまで着実に積み重ねてきた努力の成果が如実に表れてきております。また、感染防止のための受診控えにより、調剤薬局事業、医療従事者派遣・紹介事業は少なからず影響を受けたものの、医薬品製造販売事業の好調な販売がグループの収益に大きく寄与し、グループ間のシナジー効果が発揮されつつあります。

私たち日本調剤グループは、グループの総力を結集し、“総合ヘルスケアカンパニー”としてのさらなる成長を目指してまいります。