マイナンバーカードが健康保険証に!

患者さまへオンライン資格確認のご案内をする女性薬剤師とカードリーダー
2021年3月から、医療機関や薬局でマイナンバーカードを健康保険証として利用できる「オンライン資格確認」がスタートします。ここではそのメリットやご利用方法について解説いたします。

オンライン資格確認とは

医療機関や薬局では、患者さまが加入している医療保険の資格を正確に確認する必要があります。この資格確認作業を、マイナンバーカードを利用することですぐに行えるようにした情報システムが「オンライン資格確認」です。

どんなメリットがあるの?

メリット1:顔写真の確認だけでカンタン資格確認

カードリーダーで顔認証を行う様子

従来の資格確認では、薬局スタッフが患者さまから受け取った健康保険証の情報を入力して確認する必要がありました。

一方でオンライン資格確認では、マイナンバーカードを利用して顔認証付きカードリーダーで受付を行います。オンライン上で簡単に資格確認を完了することができるので、待ち時間の短縮にもつながります。

自動受付なので、人との接触も最小限に抑えることができます。

メリット2:過去のお薬情報や特定健診等の情報を正確に共有

患者さまの同意があれば、過去に処方されたお薬情報や特定健診の情報を薬剤師に共有することができます※。わざわざデータをお持ちいただかなくても正確に情報共有することが可能となり、あなたの「かかりつけ薬剤師」が継続的なデータをみた上で健康管理に関するサポートやアドバイスをいたします。

※お薬情報の共有は2021年10月に開始される予定です

メリット3:一度登録すればずっと使える!

マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには事前登録が必要ですが、一度ご登録いただけばずっと使用することができます。例えば、結婚や転職などで医療保険が変わっても、新しい健康保険証の発行を待たずにご利用いただくことができます。

日本調剤の薬局で使ってみよう

マイナンバーカードを手に持っている様子

日本調剤の薬局には、マイナンバーカードで受付をするためのカードリーダーが設置されています。

まずはお手元にマイナンバーカードをご用意ください。

マイナンバーカードをカードリーダーにかざす様子

1. マイナンバーカードを置く

画面の指示に従ってマイナンバーカードをセットしましょう

カードリーダー画面(本人確認方法選択)

2. 本人確認方法を選択
カードリーダー画面(顔認証・暗証番号入力)

3. 顔写真の撮影または暗証番号を入力

マイナンバーカードの顔写真データを読み取り、撮影した顔写真と照合し、本人確認を行います。

または、マイナンバーカードに設定した暗証番号を入力することでも本人確認が可能です。


カードリーダー画面(お薬情報提供への同意・健診情報提供への同意)

4. お薬情報※・特定健診情報等の閲覧について同意を選択

同意することで、同意から24時間の間に限り、かかりつけ薬剤師がこれらのデータを見ることができるようになります。


※お薬情報の共有は2021年10月に開始される予定です

5.受付完了!

高額療養費制度を利用する方は、こちらでご選択いただくと、書類で申請する必要がなくなります。


カードリーダー画面(受付完了)

カードリーダー画面(限度額情報提供への同意・受付完了)

※各画面イメージは機器によって違いがあります。また、今後変更される可能性がございます。

●よくあるご質問

Q:特定検診情報等の提供に一度「同意」したら薬局ではその後いつでも情報を見られるようになるのですか?

Q:顔認証を行う場合、毎回マスクや眼鏡を外す必要があるのですか?

Q:薬局ではマイナンバー(12桁の番号)を取り扱うのですか?

日本調剤トップ 薬局でできること 解説!かかりつけ薬剤師制度 マイナンバーカードが健康保険証に!