カンタン解説!かかりつけ薬剤師制度

平成28年4月より「かかりつけ薬剤師」制度が
新たにスタートしました。
制度の内容やよくある疑問への回答など紹介していきます。

かかりつけ薬剤師制度って?

患者さまに薬剤師を指名していただくことにより、毎回同じ薬剤師が「かかりつけ薬剤師」として担当することになります。
専属の「お薬パートナー」をもつことができる制度です。

「かかりつけ薬剤師」をもつメリットは?

いつも同じ薬剤師が薬のことをまとめて把握
いつも同じ薬剤師が
薬のことをまとめて把握

担当の薬剤師が、他の医療機関や薬局で受け取った薬や市販薬・健康食品やサプリメントなどをまとめて把握して、重複した薬が出ていないか、薬同士や薬と食品の相互作用がでていないかなど、薬の服用に際して注意点などをアドバイスします。

体調の変化の確認や薬の管理も万全に
体調の変化の確認や
薬の管理も万全に

来局いただいた際に、過去の服薬記録も含めて、患者さまの服薬後の経過を継続してチェックしていきます。患者さまの薬の効果や体調の変化をみて、必要に応じて医療機関へ連絡も行います。
また多数の余っている薬がある場合、薬局にお持ちいただければ次回の処方調整を提案したり、ご自宅で薬の確認・整理を行うこともあります。

いつでも相談でき、夜間・休日の対応も
いつでも相談でき、
夜間・休日の対応も

患者さまの服薬状況を良く理解した薬剤師として、薬や健康維持に関するご相談などにお応えします。夜間・休日などご利用の薬局が閉まっている時間帯でも、薬についてのご相談などを承ります。

「かかりつけ薬剤師」をもつためには?

薬局で「かかりつけ薬剤師」の指名が必要です。
国が定める一定の要件をクリアした経験豊かな薬剤師の中からご希望の薬剤師を1名のみご指名ください。
同意書に署名をいただくことで次回から担当させていただきます。

かかりつけ薬剤師をもつまでの流れ

かかりつけ薬剤師が薬をお渡しする場合、「かかりつけ薬剤師指導料」として、60円〜100円(3割負担の場合)ほど追加でご負担いただくことになります。

お近くの日本調剤の薬局を探す