日本調剤の2つのPCR検査

2種類のPCR検査

日本調剤の一部の薬局では、2種類のPCR検査を実施しています。
  • 通常方式 6,980(税込)※

    【提携検査機関 リプロセル】


    1検体ごとに検査し、デルタ株などの変異株も特定可能です。綿棒をくわえるだけで簡単に検体を採取できる、ご自身の感染を確認するための検査です。


    ※2021年10月31日(日)までは5,980円(税込)の特別価格で実施いたします。

  • 10プーリング方式 5,980円(税込)

    【慶應義塾大学医学部 西原教授監修】


    10検体をまとめて検査し、ウイルス量を測定します。5ml程度の唾液から周囲の方への感染性の有無を判定する検査です。

通常方式と10プーリング方式

通常方式は1検体ごとに検査するのに対し、プーリング方式は複数検体をまとめて検査します。通常方式はプーリング方式に比べて検査感度が高く、陽性判定の際のお客さまへの通知時間が短くなります。
通常方式とプーリング方式それぞれの検査概念図

※プーリング方式で陽性反応が出た場合、陽性反応がでた個人を特定するのに再度検査(受検者さまに採取いただく検体は1検体のみ)を行います。

日本調剤トップ 薬局でできること 新型コロナウイルス感染拡大防止への対応について 日本調剤の2つのPCR検査