日本調剤の価値創造モデル

1980年の設立以来、私たちは調剤薬局業界におけるパイオニアとして、日本の医療を支える調剤薬局のあるべき機能・役割を追求し、社会や医療の発展へ積極的に貢献してきました。当社は調剤薬局事業をコア事業として、その時々における社会のニーズを捉え、医療周辺の事業に果敢に挑戦することで新規事業の創出を実現しています。現在は、調剤薬局事業に加え、医薬品製造販売事業、医療従事者派遣・紹介事業、情報提供・コンサルティング事業の4事業を展開しています。
これからも、「真の医薬分業の実現」に資する周辺事業へ果敢に挑戦し、新たな事業創出を行うことで事業構成の多層化を図りつつ、各事業がシナジーを発揮するビジネスモデルの深化を進めてまいります。