【薬局のギモン】どうして薬局で名前を聞かれるの?

薬局のきほん

日本調剤には、薬局に「みなさまの声」というハガキを置いています。患者さまやそのご家族の方々、地域の皆さまから、ご意見・ご感想をお寄せいただくためです。

皆さまが抱いている薬局に対する素朴なギモンの中から、いくつかをご紹介・お答えします。

Q.引換券の番号で呼ばれたのに、なぜカウンターで名前を聞かれるの?

A.ご本人さまであることを確認させていただくためです。

ご来局時の処方箋受付の際には、患者さまに引換券を発行してお渡ししております。引換券は患者さまをお呼びするためだけのものではなく、患者さまと処方箋、そしてお渡しするお薬をひもづけるものです。


お薬が出来上がり、患者さまをカウンターにお呼びする際には、原則、引換券の番号と患者さまの名字をお呼びします。また、カウンターにお越しいただいた際には、処方箋をもとに調剤されたお薬が患者さまご本人のものか確認をさせていただいております。


なぜこのようなご本人さま確認が必要かといいますと、お薬を誤って他の方に渡してしまうことを未然に防ぐためなのです。

なお、気になるという方は、お声掛けをいただければ名前をお呼びしないようにすることもできますので、ご遠慮なく薬局スタッフまでお申し付けください。

よくあるご質問

Q:なぜ薬剤師が症状を聞くのですか?

関連するタグ

関連記事

次の記事
【薬局のギモン】どうして薬剤師にいろいろ聞かれるの?
日本調剤トップ お役立ちコラム 薬局のきほん 【薬局のギモン】どうして薬局で名前を聞かれるの?