「お薬手帳」活用のススメ

薬局のきほん

「お薬手帳」活用のススメ

お薬手帳ってなに?

自分が使っているお薬の名前・量・日数・使用法などを記録できる手帳です。副作用歴、アレルギーの有無、過去にかかった病気、体調の変化などについても記入できます。

お薬手帳の内容

・処方内容

調剤日/調剤薬局名/処方箋発行医療機関名/薬剤名/薬剤の用量・用法/日数/ジェネリック医薬品か否かなど

・副作用歴

・アレルギー歴

・主な既往症

お薬手帳を使うメリット

◎飲み合わせやお薬の重複をチェックし、副作用や飲み合わせのリスクを減らします。

◎副作用歴、アレルギー、過去にかかった病気などの情報を伝えることができます。

◎旅行や災害、急に具合が悪くなったときなどに、自分のお薬の情報を正確に伝えることができます。

アプリでもお薬管理できます

平成28年4月からの医療制度変更で、紙のお薬手帳と同様に、電子お薬手帳(お薬手帳アプリ)が調剤薬局でご利用いただけるようになりました。日本調剤では、お薬手帳アプリ「お薬手帳プラス」を提供しており、全国の日本調剤の薬局で利用できます。

日本調剤のお薬手帳アプリ 「お薬手帳プラス」

「お薬手帳プラス」は、お薬に関する基本的な情報提供はもちろんのこと、スマートフォンの持つ利点を生かして、健康管理に便利な機能が搭載されています。


処方されたお薬の情報が自動的に登録されるほか、事前に処方箋を薬局に送信し、待ち時間を有効活用できる「処方せん送信機能」や、お薬の服用時間を知らせてくれる「飲み忘れ防止アラーム機能」、健康管理のお役立ち情報を提供する「健康コンテンツ」など、さまざまな機能を備えています。


日本調剤の「お薬手帳プラス」を、日ごろの健康管理にご活用ください。


「お薬手帳プラス」の詳しい内容はこちら

ダウンロードはこちら
よくあるご質問

Q:おくすり手帳をお医者さんが見せてくれといいました。見せていいのですか?

Q:他の薬局のおくすり手帳を出してもいいのですか?

Q:電子おくすり手帳はありますか?

関連するタグ

関連記事

次の記事
お薬の専門家・薬剤師の役割
日本調剤トップ お役立ちコラム 薬局のきほん 「お薬手帳」活用のススメ