かかりつけ薬局を活用しよう

薬局のきほん

かかりつけ薬局を活用しよう

かかりつけ薬局を持つことからはじめよう

複数の病院に通うときに、それぞれ違う薬局でお薬を受け取っていませんか?

かかりつけ薬局とは、身近で相談できる”いつもの薬局”を持つことです。自分のことを分かってくれている薬剤師がいる“マイ薬局”を一つに決めることで、お薬や健康のことで疑問や困ったことがあった時、体質や病歴などを理解してくれた上で相談することができます。

患者さまの治療効果を高めるため、「かかりつけ薬局」として信頼のおける薬局を1つ決めておくことをお勧めします。

「かかりつけ薬局」を持つメリットって?

かかりつけ薬局では、過去に患者さまに渡したお薬やご相談の内容などを記録し、体調や体質なども理解した上で、お薬の調剤を行います。つまり、かかりつけ薬局を持つということは、「自分のことをよく知る、お薬のパートナーができる」ということ。特に複数の医療機関にかかっている時は、お薬の重複や飲み合わせをチェックし、安全に治療を進められるようアドバイスいたします。

医師に聞きそびれたお薬のちょっとした疑問や、お薬代の負担を減らすジェネリック医薬品についてなど、気軽に相談できるかかりつけ薬局を健康管理のパートナーとして活用しましょう。

かかりつけ薬局でできること

・お薬の効果について継続した確認

・副作用の兆候が出ていないかチェック

・複数の病院から重複したお薬が出ていないかチェック

・お薬の形状や味などの飲みやすさや、生活に合わせた服用のタイミングなどの調整 など

薬剤師に相談しよう

お薬をもらう時でなくても、薬剤師に相談することができるのをご存知でしたか?

処方箋で出されているお薬以外にも、市販薬(OTC医薬品)選びのアドバイスを受けることもできます。「かかりつけ薬局」なら、お薬の服用歴やご本人の体質も分かっているので、安心です。

なお症状が強かったり長引いている場合、病院への受診をおすすめする場合もあります。


「薬を変えたら、効果について不安になった」「食品のアレルギーが薬には関係するのか」といった、お薬と体調に密接に関係することはもちろん、「子どもが薬を飲んでくれない」「飲み忘れた薬が自宅にたくさん残っている」など、服用に関するちょっとしたお悩みでもお気軽にご相談ください。

こんなことがあったら、お近くの薬局へ相談してください

  • ・服用している薬が効いていない気がする

    ・病院で薬の成分について聞きそびれた

    ・他の薬局で出された薬との飲み合わせが悪くないか確認したい

    ・たくさんの薬を飲んでいるので飲み忘れてしまう

    ・今までの薬が最近飲み込みづらくなった

    ・自分にあった市販薬(OTC医薬品)を購入したい

    ・健康食品やサプリメントと薬の飲み合わせについて知りたい

    ・副作用が出ている気がして心配

    ・今飲んでいる薬をジェネリック医薬品に変更したい

    ・禁煙してみたい  など

ご自身のことだけでなく、お子さまやお孫さま、奥さまや旦那さま、ご両親やご兄弟など、身近な方々のご相談でもお受けいたします。また、自宅療養をされている患者さまには、薬剤師が自宅に訪問することもできます。ご家族や身近な方のお悩みも、お気軽に相談ください。

日々の健康をサポートしています

調剤薬局では、地域の医療拠点としてみなさまの健康につながるサービスを取り揃えています。薬剤師から使用方法などについてアドバイスも受けられますので、ぜひご活用ください。
よくあるご質問

Q:かかりつけ薬局はどの薬局でもいいのですか?

関連するタグ

関連記事

次の記事
お薬の説明とお渡し
日本調剤トップ お役立ちコラム 薬局のきほん かかりつけ薬局を活用しよう