本文のエリアです。

イベント活動

お薬の待ち時間に簡単エクササイズ!ロコモ予防体操イベントin久留米薬局を開催【JPイベントレポート】

2017年11月14日

  1026日(木)日本調剤久留米薬局店内において、九州共立大学スポーツ学部と合同で「ロコモ予防体操イベントin久留米薬局」を開催しました。

 

 DSCF0238 DSCF0312

 

 当社では、これまでにも健康イベントやお薬相談会の開催、管理栄養士の店舗への配置など、地域の方々の健康づくりをサポートするためにさまざまな取り組みを行っています。今回、健康を保つうえで大事な「運動」に着目し、薬局で「薬・食事・運動」の3つの柱から地域の方々の健康づくりを支えていくべく、スポーツ教育に強みを持つ九州共立大学との産学連携プロジェクトがスタートしました。

 

 産学連携プロジェクトの第一弾として、1026日(木)に開催された「ロコモ予防体操イベントin久留米薬局」では、九州共立大学スポーツ学部の講師を店舗にお招きし、待合室の一角で薬の待ち時間などに実践できるロコモ予防体操を行いました。なお、「ロコモ」とは「ロコモティブシンドローム」の略称で、骨や関節、筋肉などの機能の衰えが原因で、日常生活に障害をきたしている状態のことを言います。

 

 運動の前には、片足立ちなど日常生活の動きの中でのロコモ危険度を診断する「ロコモチェック」を行ない、ご自身の状態を確認しました。その後、九州共立大学が考案した日本調剤オリジナルの体操を行いました。薬の待ち時間などに座ったままでもできる体操や、背中や太ももの筋肉などを鍛える体操を講師の先生と一緒に実践しました。

 

 当日は、事前にご予約いただいた方や薬局の前を通りかかった方、お薬の待ち時間で参加してくださった方など、老若男女11名の方々にご参加いただきました。昔スポーツをされていた方や今も毎日運動を心がけている方など、健康意識の高い方が多く、和気あいあいとした雰囲気の中で運動を楽しまれている姿が印象的でした。一見簡単そうな動きでも、体の筋肉を意識して動かす難しさを実感されるなど「スポーツクラブではここまで教わらなかった!」と皆さん大満足の様子でした。

 

 日本調剤では、医療サービスを提供する企業として、今後も地域の皆さまへお薬や健康管理に関する情報提供の機会を積極的に設けていきます。

 

 

【イベント概要】

日  時:平成291026日(木) 午後2時~午後3

会  場:日本調剤 久留米薬局

     福岡県久留米市旭町25-3

内  容:・ロコモチェック

     ・ロコモ予防体操

参加人数:11

 

 

 

<日本調剤株式会社について>  http://www.nicho.co.jp/

 1980(昭和55)年の創業以来、一貫して国の健康保険制度を支える調剤薬局のあるべき機能・役割を全うすべく「医薬分業」を追求し、調剤薬局展開を積極的に行っています。現在では、全都道府県に調剤薬局を展開し約3,000名の薬剤師を有する、日本を代表する調剤薬局企業として評価を得ています。また、ジェネリック医薬品の普及や在宅医療への取り組みを積極的に進めており、さらに超高齢社会に必要とされる良質な医療サービスを提供する「日本のかかりつけ薬局」を目指して取り組んでいます。

 

JPイベントレポートについて>

 本イベントレポートは、日本調剤の薬局や薬剤師が地域で取り組んでいる活動を随時紹介しています。地域社会に貢献する調剤薬局として、地域住民の皆さまの健康維持・管理を目的とした各種健康関連イベントの開催や、薬や健康に関する活動への参画など、積極的に取り組んでまいります。