M E N U

地域連携

データでみる
在宅医療と健康サポート

  • 在宅医療

    ほぼすべての薬局で対応する在宅医療

    がん等の重篤な病気や難病をお持ちの小児の患者さまなど、幅広く在宅医療に対応。患者さまの状態に合わせた医療用オピオイドの扱いなどを身につけ、国内最大規模の受け入れ体制を整えています。

  • 小児在宅受け入れ件数

    小児在宅医療実施店舗数
    調剤薬局・ドラッグストア業界トップ
    (DRUG magazine 2020年8月号より)

    難病をお持ちの小児の患者さまも多く受け入れています。全国で年間約3,000件の受け入れがあり、地域のニーズに応じた幅広い在宅業務を行なっています。

  • 無菌調製に対応する設備

    無菌調剤室・クリーンベンチ
    全国店舗に導入中

    在宅医療にも不可欠な高度医療に対応するための設備も整えています。

  • 健康サポート機能

    OTC全店舗で取り扱い

    第一類医薬品が多いことが特徴。薬物治療に関する幅広い知識を活かし、受診勧奨なども行っています。
    ※一部小売禁止のテナントは客注のみ

    健康チェックステーションで管理栄養士と連携

    70店舗以上に「健康チェックステーション」を併設。管理栄養士による食事指導や簡易血液検査等を行なっています。

    健康サポート薬局研修実施機関

    健康サポート薬局研修の実施機関に認定されており、地域の薬剤師のレベルアップにも貢献しています。

    自社開発のお薬手帳アプリ

    日本調剤オリジナルのお薬手帳アプリで患者さまの安全な服薬をサポート。会員数は60万人を超えています。

取り組み事例

  1. 子ども薬剤師体験

    一部の薬局では、地域の子どもたちを対象とした薬剤師のお仕事体験も実施しています。体験したお子さまはもちろん、見学に来た大人の方にも薬の大切さや薬局の役割を知っていただき、地域の一員として親しんでいただく機会になっています。
    鑑査や服薬指導など店舗の薬剤師が先生となり教えます。

  2. 地域施設での健康イベント

    健康チェックステーションを用いた薬局内でのイベントだけでなく、公民館や自治会などと連携した出張イベントや、地域の催事への出展なども行っています。測定や丁寧なヒアリングを通じ、薬剤師や薬局がいつでも自分の健康のために頼れる存在であることを知っていただきます。
    健康イベントは管理栄養士との連携も重要。薬局の中でも外でも、積極的に協同します。

症例報告

  1. 退院時カンファレンス参加

    松﨑 絵美

    (2018年入社)
    日本調剤 和光薬局

    国立病院機構埼玉病院の門前薬局。周辺地域で唯一の無菌調剤室がある。緩和ケアの患者さまや、高カロリー輸液が必要な小児在宅も受け持っている。

    退院から在宅まで。細かなフォローにも対応していきたい。

    私の薬局には無菌調剤室があり、高カロリー輸液や麻薬の調製も行なっています。私が無菌調製を担当している小児の患者さまは、退院時のカンファレンスからずっと関わっている3歳の男の子。カンファレンスではご家族の方も交え、医師や看護師と共に、退院後の生活や医療機器について話し合いました。
    退院を待ち望んでいたご家族のみなさま。入院中よりも退院後のほうが病気と闘う期間は長く、その負担を少しでも減らしたい。カンファレンスから在宅までずっと関わるなかで、そう思いました。あらかじめご家族とお話しして細かい要望がお伺いできれば、手技を減らす医療材料の選択や薬剤の提案もできる。患者さまにとって、ずっと支えになる存在になれたらと思っています。