M E N U

病院で働く

社外ジョブチャレンジ制度

日本調剤の社員として病院勤務*を経験できる「社外ジョブチャレンジ制度」。専門知識・スキルを磨く新たなキャリアの一つです。

*派遣法及びその施行令等によって認められている業務
  1. 社外ジョブチャレンジ制度とは?

    日本調剤の社員として 病院で働く制度です。

    病院業務を経験することで幅広い視野を身につけ、高度薬学管理や薬薬連携でさらなる活躍を目指します。

    • POINT 1
      平均1~2年の病院勤務

      勤務期間は相談に応じて決定されますが、平均1~2年の病院勤務となります。長期にわたって病院での経験を積むことができるのが特徴。病棟業務、抗がん剤ミキシング、注射薬取り揃えなど、病院ならではの業務に携わります。

    • POINT 2
      給与や福利厚生は日本調剤社員のまま

      就業先は病院ですが、日本調剤社員であることに変わりはありません。給与は病院勤務以前と変わらず、福利厚生も同様に利用できます。また、夜勤や残業は原則ありません。

    • POINT 3
      チーム医療での活躍

      病院の多職種連携チームの一員として、薬剤師の立場から患者さまの治療に携わることができます。院内でのチーム医療の経験は、薬局に戻ってからの薬薬連携にも役立つ、貴重な成長の一助となります。

  1. 制度応募の流れ

    • 薬局で学ぶ

      入社後まずは日本調剤の薬局に配属されます。新人集合研修やマンツーマン指導を通し、薬剤師として・社会人としての基礎を身につけます。

    • 希望調査・事前研修

      希望者・推薦者は、事前研修や講習会参加などの準備期間を経て、入社3年目を目安に病院勤務に応募が可能です。

    • 病院勤務(平均1~2年)

      病院に勤務します。日本調剤の担当部署が定期的に研修や面談を実施しているので、疑問や不安も相談しやすい環境です。

    • 薬局に戻る

      一定期間の病院勤務後、日本調剤の薬局に戻ります。身につけた幅広い視野と専門的な知見を、高度薬学管理や薬薬連携で活かします。

  1. 実施状況(2020年10月時点)

    • 実施病院
      85病院以上

      高度急性期病院が主体。今後は全国各地100病院以上に広げる予定です。

    • 参加人数
      180名以上

      新卒入社3年程度の若手薬剤師も多くチャレンジしています。

複数の病院も経験可能
  1. 病院での業務内容(例)

    • 院内製剤

    • 注射薬払い出し

    • 臨床試験(治験)業務

    • 抗がん剤ミキシング

    • 医薬品情報(DI)業務

    • 病棟業務

    • 手術室医薬品管理

参加者の声

  1. 自分にしかできない
    薬剤師像を追求したい。

    ジョブチャレンジ開始前、病院での事前研修。

    藤井 翔大(2016年新卒入社)

    社外ジョブチャレンジ制度の希望調査に立候補して約半年。現在は事前研修を受けているところです。研修では、医療安全やTDM、DI業務について学んだり、病棟や手術室の見学もさせていただきました。これから始まる病院勤務では、その後の薬薬連携に活かせるような知識やチーム医療を学べたらと思っています。ジョブチャレンジを通じて自分の価値を高め、患者さまにも他の医療従事者からも必要とされる薬剤師を目指します。

  2. 患者さまとたくさん話したい。
    病院を経験したから
    感じたこと。

    病院でのジョブチャレンジの様子。

    志村 みさき(2016年新卒入社)

    ジョブチャレンジに参加したのは、入社3年目のとき。外来がん治療認定薬剤師を目指していたこともあり、抗がん剤ミキシング業務にも携わらせて頂きました。実際に経験することで、それまでは教科書の上だけだった知識が自分のものになったと感じます。薬局と病院どちらも経験してみて、「患者さまとたくさん話したい」「より長く支えていきたい」という想いも強くなりました。患者さまの日常のそばで、どんな薬どんな病気でも、相談にのれる薬剤師でありたいと思います。