M E N U

認定・専門薬剤師

認定・専門薬剤師取得を
支援する研修やサポート体制

「国が重点対策を求める5 大疾病」及び「外部認定へつながる領域」を想定し、
下記の5つの領域への対応に特に力を入れています。
  • がん
  • 緩和ケア
  • 認知症
  • 糖尿病
  • 腎臓病
  1. 疾患別社内認定

    ①がん ②緩和ケア ③認知症 ④糖尿病 ⑤腎臓病の5領域の疾患において、社内認定制度を設けています。認定試験のほかに小論文や症例提出等を行い、能力を評価。難易度に応じて「JP-A級 指導薬剤師」「JP-S級 指導薬剤師」としてそれぞれ認定しています。(手当の支給条件については、下部の「評価制度・資格取得手当」をご覧ください)
    認定者へは、認定者であることを示すシールを認定証と一緒に交付し、薬局勤務する際に名札につけ患者さまに当該領域について知識のある薬剤師であることを伝えます。患者さまに対しよりよい医療を提供することを目標に認定制度を設定しています。

  1. 認定取得強化チーム
    (がん・緩和・地域薬学ケア)

    がん強化チームから、外来がん治療認定薬剤師の入社4年目合格者も誕生!
    詳しくはこちら

    日本調剤で特に求められるのが、がん治療に関する知識。「外来がん治療認定薬剤師」「緩和薬物療法認定薬剤師」「地域薬学ケア専門薬剤師(がん)」は、認定取得を目指す社内強化チームが設けられており、さまざまなサポート体制が充実。多くの若手薬剤師もチームに参加し、資格取得を目指しています。

強化チームサポート内容
  • 研修・勉強会

    注射の手技や病棟業務等を数か月にわたり学べる「病院実務研修」に参加可能。社内外での勉強会・講習会など多くの学ぶ機会があります。

  • 情報共有

    合格者の提出症例や試験対策資料を閲覧可能。合格者からのアドバイスを直接聞いたり、チーム同士で情報共有する機会もあります。

  • 進捗管理

    教育情報部が講習会のお知らせや単位取得状況の進捗を管理。提出書類のチェックや試験までのスケジュールも管理しています。

  • 費用支援

    単位取得に必要な講習会や学会の参加費・交通費、試験受験費用は全額会社負担。休日の学会参加の場合は振替休日も与えられます。

  1. STEP

    勉強会講師や後進の育成。
    高度薬学管理のリーダーを担います。

    認定取得後は、所属学会での発表や社内勉強会の講師、指導ツールの作成など、後進の育成に努め、全社的な高度薬学管理を進めるリーダーの役割を担います。専門知識が求められる環境だからこそ、多くの学びを得ながら資格を活かして活躍できます。

    がん強化チームの外来がん治療認定薬剤師が集まり、高度薬学管理に関する取り組みや症例報告を実施。

TOPICS

評価制度・資格取得手当

社内認定資格および外部認定資格に対して手当を支給し、知識・技能を適切
に評価する仕組みづくりをしています。

ステージ手当
月額

5,000

(上級スペシャリスト薬剤師)
または

10,000

円支給
(高度スペシャリスト薬剤師)

疾患別社内認定、15ステップアップ研修や認定薬剤師などの取得・修了状況に応じて与えられる「スペシャリスト薬剤師」としてのステージ認定に応じて支給されます。

外部認定専門薬剤師手当
月額

50,000

円支給

7つの外部認定資格のいずれかを取得した場合、月額50,000円の手当を支給します。

①外来がん治療認定薬剤師
②緩和薬物療法認定薬剤師
③腎臓病薬物療法専門(認定)薬剤師
④栄養サポートチーム専門療法士
⑤糖尿病薬物療法認定薬剤師
⑥がん専門薬剤師
⑦HIV感染症薬物療法認定薬剤師
…社内強化チームあり